Pocket
LINEで送る

【話し方】滑舌を良くするための下準備

 

滑舌が悪くなってしまうのは、
声、言葉を発する筋肉が硬くなってしまう事が原因です。

声、言葉を発する筋肉を硬くしない為には、
まずは体をリラックスさせてあげる事です。

体をリラックスさせる為に最適な方法は
腹式呼吸です。

腹式呼吸を行うと、副交感神経が刺激されて、
体がリラックス状態になります。

滑舌を良くするために、まずは腹式呼吸で
体をリラックスさせましょう☆

効率的に常にイイ声を出す方法

 

みなさんは声を出す時、ドコで声を支えていますか?

声を喉で支えている方が大城のではないでしょうか?

喉で声を支えると、力んでしまい、

声の通りが悪くなったり、滑舌が悪くなったり、早口になったり、

また喉への負担が大きくなりますので、すぐに声が出なくなったり、

また声帯が慢性的に腫れてしまい、最悪の場合、手術しなければいけなくなります。

声は喉以外の場所で支えるのが理想的です。

具体的には腹斜筋と横隔膜で支えます。

腹斜筋と横隔膜で声を支えると、喉への負担が減りますので、

すぐに声が出なくなるなどの問題が起きにくくなります。

また腹斜筋と横隔膜で声を支えると肺が活発に動くようになります。

肺が活発に動くようになるとその分、息をたくさん排出できるようになります。

息をたくさん排出できればその分、声帯の振動数が上がります。

声帯の振動数が上がればその分、空気抵抗の少ない声になり、

通りがよい、豊かな声になります。

【話し方】話し方を効果的に治すボイトレとは?

 

まずは今の自分自身の声や話し方の問題点を洗い出す必要があります

早口なのか?

小さい声なのか?

滑舌が悪いのか?

こもった声なのか?

などなど

具体的な問題点が分かれば

その問題点を解消するボイトレを行います

例えば、早口であれば息を吐く力を上げるボイトレを行うと効果的ですし、

こもった声であれば表情筋を鍛えるボイトレが効果的です

そして次に大切なのが、

それらの問題点はどういった場面で起きるのか

普段から起きているのか?

緊張する場面だけで起きるのか?

もし緊張する場面だけで起きているのであれば、

緊張する場面を想定したボイトレを行わないといけません

今の話し方を効果的に治すには

今の話し方に対しての具体的なボイトレと、

問題が起きてしまう場面を想定したボイトレ

この2つが重要です☆

【話し方】早口になってしまう原因は?

 

早口になってしまう原因は声を出す筋肉の筋力不足などの身体的要因も考えられますが

実は精神的要因が大きいように思います

例えば緊張すると焦ってしまって早口になってしまう事があります

”自分自身はどういった場面で早口になるのか?”

そして

”早口になってしまう場面に遭遇したらどうすべきか?”

そういった発想を元に対策を練っておくことが大切です☆

 
 
Pocket
LINEで送る