Pocket
LINEで送る

【話し方】プレゼンで大切な事

 

スピーチ、プレゼンでは

 

“何を伝えたいのか”

をハッキリさせないといけません

”何を伝えたいか”がぼやけていると

伝わるモノも伝わりません

ですので何を伝えたいかをハッキリさせる必要があります。

 

次に重要な事は

プレゼン時の話し声と話し方

話し声は出来るだけ落ち着いたトーンを意識すると、

説得力がアップします。

話し方については

棒読みになってしま事に注意する事

 

ずっと同じペースではなく、

ペースを変える事も大事です

ペースを変える事で

相手を”ダレさせる”事無く

スピーチやプレゼンを行えます☆

【話し方】落語とお笑いの基本とスピーチ プレゼン

中学生、高校生のボイストレーニング

体験レッスン受付中

詳しくはコチラ

 

声楽コース

体験レッスン受付中

詳しくはコチラ

 

落語を聴いていると

どういった口調で

どういったテンポで

どういった間の取り方をし

どういった声のトーンで

どういった落とし方をし

など お笑いの基本形が見えてきますね

それは現在のお笑いにも当然、通じている事ですし

スピーチやプレゼンにもとても通じる部分が多いです☆

人に好かれる話し方講座:プレゼン前に心掛けたい事

 

プレゼンで声が裏返ったり、

噛んだりしてしまうのは精神的な要因が大きいです

ですので、私が改めて言うまでもありませんが(笑)、

プレゼン前はできるだけリラックス状態で臨むのが好ましいです

リラックスできず、緊張してしまうのは、

「何かやり残した事は無いか?」などの不安要素が原因である場合があります。

 

この場合チェックシートを作って一つ一つクリアにしていけば不安は解消されますし、

プレゼン用の資料で読みにくく、

いつも噛んでしまうような所があればチェックしその部分を少しゆっくり読み上げたり、

少し子音を立ててみるなり、少し強調して読み上げると案外スラッと読み上げる事が出来ます。

どのような準備と対策を行うかが重要です☆

【話し方】歌、カラオケやスピーチ、プレゼンを
前向きに上達し続ける為に

 

上達に必要な事は

挑戦と失敗を繰り返す事

そして

何が起きようと

深刻になり過ぎない事

失敗した時は特に深刻に考えてしまいがち

深刻になっても何の解決にもなりません

それより前向きに失敗を受け入れ、

今自分は何をすべきか考え実行する事が肝心です☆

 

【話し方】歌やスピーチ、プレゼン等の本番で緊張しない為に

 

歌やスピーチ、プレゼン等の本番で緊張したり、

不安感や焦燥感が生まれてしまうのは、

達成すべき目標や課題が多すぎていたり、

優先順位をつけれていない事が原因かもしれません。

達成すべき目標や課題が多すぎていたり、

優先順位をつけれていないと頭の中がゴチャゴチャの状態になります。

このような状態だと何をどうすればいいのかが分からなくなり、

結果として緊張や不安感や焦燥感を誘発してしまいます。

本番で緊張したり、不安感や焦燥感を生まない為に、

まずは達成すべき目標や課題を絞り、

優先順位をつけていくと、

意外と心が落ち着いてきます。

よく本番で緊張される方で本番が近い方は今一度、

達成すべき目標や課題を見直してみてはいかがでしょうか?

 

【話し方】歌やスピーチ、プレゼン等の本番で緊張しない為に

 

歌やスピーチ、プレゼン等の本番で緊張したり、

不安感や焦燥感が生まれてしまうのは、

達成すべき目標や課題が多すぎていたり、

優先順位をつけれていない事が原因かもしれません。

達成すべき目標や課題が多すぎていたり、

優先順位をつけれていないと頭の中がゴチャゴチャの状態になります。

このような状態だと何をどうすればいいのかが分からなくなり、

結果として緊張や不安感や焦燥感を誘発してしまいます。

本番で緊張したり、不安感や焦燥感を生まない為に、

まずは達成すべき目標や課題を絞り、

優先順位をつけていくと、

意外と心が落ち着いてきます。

よく本番で緊張される方で本番が近い方は今一度、

達成すべき目標や課題を見直してみてはいかがでしょうか?

 

【話し方】理想的なフォーム 歌やスピーチ、 プレゼンなど

 

スポーツには理想的なフォームがあります

歌やスピーチ、プレゼンなどにも理想的なフォームがあります

歌やスピーチ、

プレゼンなどでの

理想的なフォーム

それは

“無駄のない基本姿勢”

リラックスさせるのがポイントです☆

 

 
 
Pocket
LINEで送る