Pocket
LINEで送る

喉の調子が悪い時のボイストレーニング

 

 

最近、秋らしい気候になってきましたね

 

 

朝と夜は寒いくらいです

 

 

秋と言えば、

 

芸術の秋

 

スポーツの秋

 

食欲の秋

 

などなど

 

 

皆さんにとって、今年の秋はどんな秋ですか?

 

 

なんて事をレッスン前に生徒さんとお話するのですが笑

 

 

そんな中、ある生徒さんが私に

 

「先生、私にとって今年の秋は喉が痛い秋です」

 

とお話して下さいました。

 

 

風邪を引いているわけでなく、

また声をたくさん使ったわけでもなく、

突然、喉が痛くなったとの事

 

 

 

一瞬、どうしてかな?と思いましたが、

あるモノが私の視界に入った瞬間、

その答えが分かりました。

 

 

私の視界に入ったモノ

 

 

それは

 

 

 

机に無造作に置かれていたマスク

 

 

 

なぜマスクがあるのか?

 

 

乾燥しているから

 

 

そうか!答えは乾燥!

 

 

 

確かに、ここ最近メチャメチャ乾燥しています。

 

 

 

私の家の加湿器の加湿レベルが全然上がらない事が、

最近メチャメチャ乾燥している状態を証明してくれています。

 

 

 

乾燥は喉の敵です。

 

 

 

乾燥していると、喉の水分が奪われ、

そうなると当然、声帯も水分不足になりますので、

普段、声を出している時より、

乾燥している時の方が、

喉や声帯に掛かる負担が倍増します。

 

 

 

ですので、乾燥している時は、

こまめな水分補給や、喉の殺菌の為の”うがい”

マスクなどで喉、声帯の加湿が重要になっています。

 

 

 

 

良い声になる為には、

ボイストレーニング以外に、

こういった喉を守る事も重要です。

 

 

 

 

ただもし、喉の不調が悪くなった場合、

基本的に声をたくさん使うボイストレーニングは控える必要があります。

 

 

 

喉が不調の時、声をたくさん使うと、

喉の回復が遅れてしまいますし、

その後、声に悪影響が出てくる事も考えられます。

 

 

 

では喉の不調の時はボイストレーニングは出来ないのか?というと、

そんな事はありません。

 

 

 

 

声を使わないボイストレーニングをすればイイのです。

 

 

 

 

声を使わないボイストレーニングとは何か?

 

 

 

それは

 

 

 

声を出すときのフォームや体の動きの確認です。

 

 

 

例えば、声を出すときの上半身のフォームの確認

腹式呼吸の時の横隔膜の動きや丹田の動き、

声を共鳴させるときの表情筋、軟口蓋の動き

など

 

 

 

 

いわば声のメンテナンスのような事でしょうか

 

 

 

 

声を出せない時こそ、

こういった声を出すときのフォームや体の動きの確認などの

声をメンテナンスをする事で

喉が回復した時、より効率的に効果的なボイトレを行えるようになります。

 

 

 

今後、どんどん気温が下がってきます。

皆様も、どうぞ体調管理には気をつけて下さいね

 

——————————————————————-

レッスン料金の詳細は下記をクリックして下さい    
                ↓
http://voitoreyktn.com/ressunnrixyoukin/
 
 
 
ボイストレーナーはどんな人?
私の詳しいプロフィールは下記をクリックして下さい
                ↓
http://voitoreyktn.com/kousisixyoukai/
 
 
 
レッスン会場について
詳しくは下記をクリックして下さい
                ↓
http://voitoreyktn.com/kixyousituakusesu/
 
 
 
生徒様の声
詳しくは下記をクリックして下さい 
                ↓
http://voitoreyktn.com/zixyukouseisamanokoe/
 
 
 
レッスン風景
詳しくは下記をクリックして下さい 
                ↓
http://voitoreyktn.com/ressunnviw/
 
 
 
お問い合わせ
電話 
050-3630-1580
 
メールでのお問い合わせは
下記をクリックしてご覧ください 

                ↓
http://form1.fc2.com/form/?id=806403

 

 
 
Pocket
LINEで送る