Pocket
LINEで送る

【話し方】なぜ横隔膜をボイストレーニングで鍛えるのですか?

 

最近、コミュニケーションを向上させる為に、

ボイストレーニング教室に通われている方が増えているようです。

 

 

当教室でも、コミュニケーション向上を目的に、

通われている方がいらっしゃいます。

 

 

また、どこのボイストレーニング教室でも最初に行うのが、

 

腹式呼吸のボイストレーニング

 

その理由は、

 

横隔膜を鍛える為です。

 

 

横隔膜を鍛えると、

肺が活発に動くようになり、

声が安定します。

 

 

ただ横隔膜は目で確認できません。

 

 

ですので、ボイストレーニング開始当初は、

なかなか横隔膜のボイストレーニングを行っていても、

声にイイ影響があるという実感がもちにくく、

結局、横隔膜のボイストレーニングを、おろそかにしてしまう方が多いようです。

 

 

ただボイストレーナーの立場で申し上げますと、

 

 

横隔膜のボイストレーニングを、おろそかにしていると

その後の声の響かせ方、声帯関連のボイストレーニングの効果が、

半減してしまいます

 

 

横隔膜のトレーニングはボイストレーニングの基礎です。

基礎が出来ていないと、

その後の応用に対応できません。

 

 

横隔膜のトレーニングは基礎建築のようなモノです。

 

 

建築物も土台となる基礎建築がシッカリしていないと、

非常に不安定になります。

 

 

逆に土台となる基礎建築がシッカリしていると、

高層マンションもシッカリ安定します。

 

 

これは声も同じで、

声も土台となる横隔膜がシッカリしていると、

例えば、人前でのスピーチやプレゼンなどでの、

緊張する場面で声を震わす事なく、

安定した声でスピーチ、プレゼンを行えるようになります。

 

 

「安定した声」は他者とのコミュニケーションにおいて

重要な要因の一つだと考えています。

 

 

コミュニケーションの基本は、

こちらの考えや伝えたい内容を、

相手に誤解されない事です。

 

 

声が常に震えていたり、

突然声のトーンが低くなったり、また高くなったり、

また非常に早口になったりと、

声や話し方が不安定だと、

相手は、こちらが伝えたい内容について、

しっかり理解できないでしょう。

 

 

相手から信頼を得て、

こちらの伝えたい内容を誤解されないように、

コミュニケーションをするには、

安定した声は重要です。

 

 

 

声を安定させるには呼吸筋、

特に横隔膜のボイストレーニングは重要です。

 

 

 

横隔膜のボイストレーニングをたくさん行う事で、

声は安定し、

他者とのコミュニケーションに大変役立ちます。

 

 

 

また個人的に思う事として、

現代人は横隔膜が弱いです。

 

 

 

その原因は、

PCやスマホで声を使わないコミュニケーションが増えた事であると思います。

 

 

PCやスマホで声を使わないコミュニケーションが増えると、

必然的に声を出す機会が減ります。

 

 

そうなると当然、横隔膜も退化していきます。

 

 

横隔膜を退化させるのを防ぐ為にも、

横隔膜のボイストレーニングは、

現代人にとって非常に重要なボイストレーニングなのです。

 

——————————————————————-

レッスン料金の詳細は下記をクリックして下さい    
                ↓
http://voitoreyktn.com/ressunnrixyoukin/
 
 
 
ボイストレーナーはどんな人?
私の詳しいプロフィールは下記をクリックして下さい
                ↓
http://voitoreyktn.com/kousisixyoukai/
 
 
 
レッスン会場について
詳しくは下記をクリックして下さい
                ↓
http://voitoreyktn.com/kixyousituakusesu/
 
 
 
生徒様の声
詳しくは下記をクリックして下さい 
                ↓
http://voitoreyktn.com/zixyukouseisamanokoe/
 
 
 
レッスン風景
詳しくは下記をクリックして下さい 
                ↓
http://voitoreyktn.com/ressunnviw/
 
 
 
お問い合わせ
電話 
050-3630-1580
 
メールでのお問い合わせは
下記をクリックしてご覧ください 

                ↓
http://form1.fc2.com/form/?id=806403

 

 
 
Pocket
LINEで送る