Pocket
LINEで送る

憂鬱だった高校一年生

中学生、高校生のボイストレーニング

体験レッスン受付中

詳しくはコチラ

 

声楽コース

体験レッスン受付中

詳しくはコチラ

 

高校に入学した直後から私は憂鬱でした。
将来、何になろう?
私は勉強もスポーツも得意ではなく、自分の将来が不安でした。

高校入学直後に抱いた私の憂鬱は結局、一年間続きました。

自分は何が得意なのか?

これまで何を他人より続けてきたのか?

こういった事を一年間ずーっと考えていました。

考え続けた結果出た答えは音楽でした。

厳密にはピアノ

ピアノの個人レッスンは小学一年から受けていました。

「そうか!自分は音楽があった!音楽で生きていこう!」

「よし!音大へ行こう!」

しかし、そこまで真剣にピアノの練習していなかったので、上手ではありませんでした。

ピアノ科は無理かな?

そう思いながら母に相談しました。

母は大阪音楽大学の声楽科出身でした。

母は
「ピアノ科を目指すのは厳しいかな?K先生に相談してみる?」

K先生は私が小学一年生からお世話になっていたピアノの先生で、

これまで多くの生徒を音大合格させてきた先生です。

K先生に相談すると、
「今からでは現役で合格は無理。一浪覚悟でないとピアノ科は無理」

そうキッパリ言われてしまいました。

これまで真剣に練習してきませんでしたから自業自得です。

ただK先生は
「声楽科だったら今から目指す人が多いから可能性はあるよ」
と言って下さいました。

その後、母と相談しました

母は
「声楽で入学しても歌だけの個人レッスンではなく副科でピアノの個人レッスンもあるし、他にも沢山音楽の勉強ができるよ」
と話してくれました。

(そうやなー)

私の腹は決まりました

目指せ!大阪音楽大学声楽科!

私は音大の声楽科の受験を決めました。

高校一年の春でした。

志望大学は

大阪音楽大学声楽科!

なぜか大阪音楽大学しか考えていませんでした。

それは母の影響が大きかったと思います。

母は大阪音楽大学の声楽科の出身でした。

母は、よく大阪音楽大学に通っていた時の話をしてくれました。

声楽の個人レッスンの事

ピアノの個人レッスンの事

大阪音楽大学の授業の事

大阪音楽大学時代の友人の事

などなど

こういった事が影響してか、私は結局、大阪音楽大学の声楽科しか受験しませんでした。

今思えば、なかなか恐ろしい事をしました笑

声楽の先生探しに苦労

大阪音楽大学の声楽科の受験を決めた私でしたが、その後、声楽の先生探しに苦労しました。

大阪音楽大学の声楽科を受験するのだから、大阪音楽大学の声楽科出身の先生に声楽を習いたい。

しかし私の地元では大阪音楽大学の声楽科出身の声楽の先生がほとんどいらっしゃられず、
(厳密にはいらっしゃられたと思いますが、私の周りにはいらっしゃられなかったという事です)

これまでお世話になっていたピアノの先生や母にピアノの個人レッスンや声楽の個人レッスン、楽典などを習いながら、

大阪音楽大学の声楽科出身の声楽の先生を探す事になりました。

当時の大阪音楽大学声楽科の受験科目は楽典、聴音、新曲視唱、ピアノ、声楽です。

本来でしたらこれらの受験科目は決められた受験日に全て受験する事になると思いますが、

当時の大阪音楽大学は春と秋に到達度テストというものがありました。

受験資格は高校生以上でした。

この春と秋の到達度テストの楽典、聴音、新曲視唱、ピアノを受験日までに合格していれば、

受験日は声楽だけの受験だけで済むようになるのです。

そういった事で、受験日に声楽の受験だけで済むように、

私は楽典、聴音、新曲視唱、ピアノを地元のピアノの先生と母に習いました。

その後、順調に到達度テストは合格していき、受験日は声楽の受験のみになりました。

しかし、ここで問題が・・・

まだ声楽の先生が見つからない・・・

この地点で高校3年生の夏

どうなる?

ようやく声楽の先生が見つかる!

大阪音楽大学の声楽科の受験を決めてから一年半が経過しました。

いぜん、声楽の先生は決まらず。

どうしよう?

そんな中、当時、大阪音楽大学では受験生の為に一日だけ大阪音楽大学の教授が個人レッスンして頂ける講座がある事を知りました。

私は、すがる思いで、その講座に応募しました。

講座当日、初めての大阪音楽大学の教授の声楽の個人レッスンの日を迎えました。

声楽の個人レッスンして下さるのはS教授。

S教授は緊張していた私を優しく、解すように声楽の個人レッスンして頂きました。

S教授の声楽の個人レッスン終了後、私は自分の歌声の変化に驚きました。

(声が出やすくなってる!)

声楽の先生が決まらない中、私は半ば諦めていました。

しかし、S教授の声楽の個人レッスン後、私は

(何としてでも声楽の先生のレッスンを受けたい!)

という気持ちがさらに強くなりました。

そしてS教授の声楽の個人レッスンから数週間後、嬉しいお知らせが!

声楽の先生が見つかった!

母の大阪音楽大学時代にお世話になっていたピアノの先生がキッカケでした。

たまたま母が大阪音楽大学時代にお世話になっていたピアノの先生にお会いする機会があり、

その席で、私の大阪音学大学の受験に際して声楽の先生が見つかっていない話をしていたところ、

その場にたまたまいらっしゃられた母の大阪音楽大学時代のピアノの先生の生徒さんが母に

「私、良い先生知っているので、ご紹介しましょうか?」

ご紹介頂ける先生は大阪音楽大学声楽科出身で現在(当時)大阪音楽大学の声楽科の講師をされていらっしゃるとのこと

「是非!」

これだけ苦労した声楽の先生探しが、あっさりと決まりました。

人生何があるか分かりません。

声楽の先生と初対面!

苦労した声楽の先生探しが思わぬ事で解決しました。

ほんと、人生何があるか分かりません。

(やっと声楽の個人レッスンを受けれる!)

後日、ご紹介頂いた声楽の先生にご連絡差し上げ、

初個人レッスンに日時を決めさせて頂きました。

初個人レッスン当日

「どんな先生かな?」

私は緊張と喜び、そして不安が入り混じった感情を抱えながら、初個人レッスンの会場に向かいました。

初個人レッスン会場に到着し、待ち合わせ場所へ。

そこにはイスに座った何やら楽譜を読んでいる男性がいらっしゃいました。

他には誰もいません。

私は恐る恐る、

「あのー、I先生でしょうか?」

「はい」

この方がI先生!

「あの、小谷です。今日は宜しくお願いします」

「はい。じゃあレッスン室へ行きましょう」

簡単な自己紹介の後、レッスン室へ向かう道中、I先生は私に
「音楽好き?」
と私に尋ねられました。
私は
「はい」
と一言答えました

その後、どんな個人レッスンだったのか、I先生とどんな会話をしたのか、

正直覚えていません。

かなり緊張していたのでしょうね笑

こうしてI先生の初個人レッスンは終了しました

願書に苦戦

緊張のI先生の初個人レッスンが終了しました。
I先生はとても優しく、丁寧に個人レッスンして下さる先生でした。

大阪音楽大学声楽科の受験日に向けて、

初個人レッスンからほぼ毎週I先生は受験日直前まで個人レッスンして下さいました。

受験で歌う曲も決まり、後は願書を出すだけになり、

I先生に私が書いた願書に誤りがないか個人レッスン後に確認して頂きました。
するとI先生は
「汚い字やな~書き直し!」

(え~)

お恥ずかしい話しですが私、字を書くのが不得意で、

結局5回書き直しました笑

受験日当日

無事、願書も提出し(笑)

受験日当日を迎えました。

いつもより早く目覚めて私は、いつものようにシャワーを浴び、

朝食をとり、受験票など忘れ物がないか確認し、受験会場の大阪音楽大学へ向かいました。

大阪音楽大学に到着し受付も終え、いざ受験の控え室へ!

受験の控え室に到着すると、受験まで少しの時間、発声練習する事が出来ました。

当時は何も感じませんでしたが、今思えば異様な光景です。

だって、部屋の四方八方から「アーアーアー」って大きい声が飛び交っていたのですから笑

軽く発声を終えた後、控え室を出て、受験の部屋の前で待機になりました。

受験の順番が早かった私は待機から数分後、受験の部屋に入りました。

伴奏ピアノの前に立つと、大阪音楽大学のそうそうたる教授陣が私に視線を注いでいます。

大阪音楽大学の教授陣の刺さるような視線の中、私は歌いました。

余計な事は事は考えず、いつものように

そして気付けば私は受験の部屋を出ていました。

受験を終え、大阪音楽大学の学食で昼食をとり、

そのまま帰宅しました。

帰宅後、私は夕食もとらず、抜け殻のように眠っていたそうです。

緊張の合格発表日!

合格発表日は確か、学期末テスト期間中でした。

学期末テストを終え帰宅すると、母が、

「合格通知表、届いてるよ」

と言ってくれました。

学期末テストで精神的にクタクタになっていた私は、少し弱気になっていました。

(大丈夫だと思うけどなー。でもなー。ひょっとして・・・)

少し弱気になり、不安な気持ちを抑えながら、

恐る恐る合格通知表の封を開き、

合格通知表を取り出しました。

合格通知表に書かれていたのは

「合格」

(はぁー良かった―)

私はその場にいた母と喜び、そしてすぐに、お世話になったI先生、地元のピアノの先生、

母の大阪音楽大学時代のピアノ先生、I先生を紹介して下さった母の大阪音楽大学時代のピアノ先生の生徒の方にお礼の連絡をしました。

当時も感じていましたが、こうして受験当時の事を回想して見ると、

様々な方々にお世話になったんだな~と改めて感じます。

母、I先生、地元のピアノ先生、母の大阪音楽大学時代のピアノ先生、I先生を紹介して下さった母の大阪音楽大学時代のピアノ先生の生徒の方はもちろんの事、こういった方々以外にも私の音大受験を支えて下さった方は沢山いらっしゃいました。

こういった私の大阪音楽大学受験を支えて下さった方々がいらっしゃらなければ、

私は大阪音楽大学声楽科に入学できなかったでしょう。

私の大阪音楽大学受験を支えて下さった方のお陰で私は大阪音楽大学声楽科に入学でき、

そして現在の私の活動に繋がっています。

私の大阪音楽大学受験を支えて下さった母、I先生、地元のピアノ先生、母の大阪音楽大学時代のピアノ先生、I先生を紹介して下さった母の大阪音楽大学時代のピアノ先生の生徒の方、私の大阪音楽大学受験を支えて下さった皆さんに心から感謝しております。

 

中学生、高校生のボイストレーニング

体験レッスン受付中

詳しくはコチラ

 

声楽コース

体験レッスン受付中

詳しくはコチラ

 

Pocket
LINEで送る