Pocket
LINEで送る

【歌上達】ソロと合唱の違い

 

中学生、高校生のボイストレーニング

体験レッスン受付中

詳しくはコチラ

 

声楽コース

体験レッスン受付中

詳しくはコチラ

 

当教室の受講生の方で、
合唱団に所属されておられる方がいらっしゃいます。

その方はとてもキレイな声をされているのですが、
歌い方が丁寧過ぎて、ソロとして物足りなさを感じます。

そこでもっと、声を前に飛ばす意識をもって歌うように指導しました。

そうすると、声に迫力が生まれ、
しっかりとしたソロの歌声になりました。

しかし当人は
「歌が雑になった」
とおっしゃられました。

そこで私は
「雑になったのはソロで歌う声量に慣れていないからです」
とお話しさせて頂きました。

合唱団で歌っている時と同じ感覚でソロを歌うと、
何か物足りなさや、違和感が生まれます。

またその逆もありますが
合唱で必要とされる事とソロで必要とされる事は違います。

大切なのは自分自身がどういう立場や役割で歌うのか。

ソロなのか、合唱なのか、アンサンブルなのか
そしてその立場や役割の違いを知り、
使い分けて歌う事が大切です☆

中学生、高校生のボイストレーニング

体験レッスン受付中

詳しくはコチラ

 

声楽コース

体験レッスン受付中

詳しくはコチラ

 

Pocket
LINEで送る