Pocket
LINEで送る

【話し方】サービス業、接客業で損をしない為に必要な事

 

皆さんはコールセンターへ電話された事はありますか?

私は以前、自宅の家電製品が不調になった時

コールセンターへ電話した時の担当の方の話し声と話し方が忘れられません。

家電製品の不調でイライラしていた私の電話に出て下さった担当の方は男性の方で、

声は非常に落ち着いたトーン、話し方はとても穏やかでゆっくりした話し方でした。

すると不思議なもので、その方の声を聴き、話しているうちに、不思議とイライラは消え、

非常に落ち着いた状態で話しが出来るようになりました。

その後、問題解決方法が分かり電話を切りました。

この出来事から私は声、話し方の重要性を改めて再確認しました。

最近メラビアンの法則などで他者から受ける印象の重要性が高まっているように

思いますが声もその人の印象に大きく関わります。

何かに困っていて、相談を持ち掛けた方の声や話し方に問題があったら、

どのような印象を受けるでしょう?またその逆だと?

勿論、内容が一番大切です。

しかし見た目や話し方に問題があると、どんなに内容が優れていても誤解が生じ、

それは伝える本人にとっては損なのではないでしょうか?

見た目や声、話し方に磨きをかけておくと、誤解を生み、

損ををしてしまう事を防ぐ事に繋がるのです✩

 
 
Pocket
LINEで送る