Pocket
LINEで送る

【ボーカル】なぜ喉声で歌うとダメなのか?

 

まず声が生まれる仕組みを簡単に説明すると、

肺から排出された息が声帯を振動させ、声の原音が生まれます

声帯の振動で生まれた声の原音はその後、口腔、副鼻腔など、

声帯より上の空洞で共鳴し声になります。

また歌唱時の音程に関しては声帯の柔軟な伸展運動により生まれます。

まとめると

①息を吐く力
②声の共鳴
③声帯の柔軟な伸展運動(歌唱時)

この3つが声を出す上で重要になってきます

ここで喉声についてです。

喉声とは喉の力だけで声を出している状態です。

別の言い方をすると、

①息を吐く力
②声の共鳴
③声帯の柔軟な伸展運動(歌唱時)

これら3つがシッカリ機能していない状態と言えます。

喉に力が入ると声帯は動くのではないか?と思われるかもしれません。

確かに声帯は動きますが、その動きは非常に硬く

”声帯の柔軟な伸展運動”とは呼べない動きです。

喉声とは喉の力だけで声を出している状態

これは非常に効率が悪い声の出し方であると私は考えています。

①息を吐く力
②声の共鳴
③声帯の柔軟な伸展運動(歌唱時)

この3つを活用した声の出した方法が、

声を出す時に喉は疲れにくくなりますし、

なにより声の質が変わりますので、

おススメします。

 
 
Pocket
LINEで送る