Pocket
LINEで送る

カラオケ上達:高得点が出る歌い方とは?

カラオケの機械の採点基準は、

その機械によって様々ですが、

多くは正しい音程で歌えているかが、

ポイントであるように思います。

カラオケで正しい音程で歌うコツは

声量を落として、明るい声で歌う事です。

しかし、この歌い方が魅力的であるかは分かりませんが笑

 

確実にカラオケで高得点を採るボイストレーニング

カラオケで高得点を採るためには、音程(キー)を安定させる事が重要です。

音程(キー)を安定させるには、呼吸筋、声帯筋、共鳴筋をバランスよくボイトレする必要があります。

また歌が上手な人の歌や、自分の声を録音して聴く事も効果的です。

 

カラオケで高得点を採るボイトレのポイント

音程(キー)を安定させるには、呼吸筋、声帯筋、共鳴筋を

バランスよくボイトレするアウトプットと、歌が上手な人の歌や、

自分の声を録音して聴くインプットを交互にバランスよく行う事が大切です。

闇雲に歌ったり、ボイトレをしていても、歌は上達しませんし、

カラオケでも高得点は採れません。また聴いているだけでも、歌は上達しません。

アウトプットとインプットをどちらも行う事で、歌は上達していきます。

 

 

カラオケで高得点を採る近道

毎日歌う事が歌上達への近道です。

しかし、毎日長時間歌う必要はありません。

1日5分でも良いです。

毎日歌う事で、歌唱レベルは前進し、

歌上達していきます。

逆に、間隔を空けすぎて歌うと、

確実に歌唱レベルは後退していきます。

間隔を空けずに、毎日5分でも良いので歌う事が、

歌上達への近道です。

 

一番ハードルが低い歌上達するボイストレーニング

音程が悪い人は、日々の生活の中で、音楽に触れる時間が極端に少ないように思います。

音程を安定させるにはアウトプットとインプットを、交互にバランスよく行う事が大切です。

しかし、いきなりインプットとアウトプットを行うのは、なかなかハードルが高いように思います。

ですので、まずは聴く事から始められてはいかかでしょうか?

色んな人の歌を聴く事が一番ハードルが低く、簡単に始められると思います。

ですので、歌上達の為に、まずは聴く事から始めましょう!聴く事もボイストレーニングです

 

カラオケ上達:歌う時の注意ポイント

歌う時は出来るだけ発声の事などを考えないようにしましょう

歌う時に発声を考え過ぎると、声が硬くなってしまいます。

歌う時は出来るだけ、その歌の世界観をイメージしながら歌いましょう☆

 

カラオケ上達:本番で発声を考えた方が良い?

発声が前面に出てしまうのは

発声をまだ完全にマスター出来ていない証拠

無意識に出来てはじめて”マスター出来ている”と言えます

本番で発声の事を考えていても間に合いません

本番で発声の事を考えなくて済むように

間隔を出来るだけ空けず、ボイトレを行いましょう!

 

カラオケ上達:歌は階段のように

私がウォーキングからジョギングにステップアップしたように

何事においても段階を踏んでステップアップします

突然、1から10には行けないのです

ですので、歌を上達させるには、

ゆっくり階段を上るようにボイトレを続ける事が大切です

 

カラオケ上達;音域を広げる前に

音域を拡げる前に、まず現在の音域を安定させる事

現在の音域が安定していないと、音域は拡がりません。

現在の音域を安定させるには、出来るだけ間隔を空けず、

可能な限り毎日ボイトレを行う事が大切です。

音域を拡げる為に、まずは毎日5分でも良いのボイトレをしましょう!

 

カラオケ上達:ボイトレで音域を拡げる方法

音域を上げる一番の方法は、表声と裏声、どちらも鍛える事であると思います。

表声と裏声、どちらも鍛えれば、音域がより一層上がりますし、カバーし合えます。

ただ、肝心な事は表声、裏声、どちらも喉に無駄な力を入れて出してはいけない事です。

喉に無駄な力を入れずに、表声と裏声を強化するボイトレを行う事が、

音域を拡げる最良の方法です☆

 

カラオケ上達:音程が下がってしまう原因

音程が下がってしまうのは、喉声であるのと、声の響きが下がっているからです。

喉声を解消するには、腹式呼吸で歌う事が大切ですし、

声の響きに関しては、表情筋をしっかり動かして声をさせるようになると、

声の響きが上向きになり、音程が下がってしまう事を解消できます☆

 

カラオケ上達:フラット地獄を乗り越えろ!

よくカラオケなどで歌声がフラット気味になっている方がいらっしゃいます。

フラット気味とは音程が低いという意味ですが、歌声がフラット気味になる一番の要因は「力み」です。

フラット地獄を抜け出すにはまず力まずに歌う事。

その為に腹式呼吸のトレーニングや正しい発声などのボイトレが必要です☆
歌声がフラットになってしまうと聴いている人も苦しくなり、何より歌っているご本人が一番辛い状態になります

歌声がフラットになる原因は

・声の響きが悪い

・喉に無駄な力が入っている

・息を吐く力が弱い

これらが考えられます

声の響きは表情筋トレーニングを沢山行う事が大切ですし、喉に無駄な力が入る事に関してはフォームの見直しや、歌っている時に喉に力が集中し過ぎないように、

表情筋や腹式呼吸など喉以外の部分もシッカリ動かして歌えるようになると、

喉に無駄な力が入ることなく歌えるようになります。

息を吐く力が弱い事に関しては腹式呼吸のトレーニングを沢山行う事により、解消されます☆

 

カラオケで音程が確実に良くなる方法

音程を良くするには、歌ったり、発声練習などのアウトプットを行う必要がありますが、

それ以外にインプットも行う必要があります。

このインプットで確実に音程が良くなる方法があります。

それは

”自分の声を録音する”

自分の声を録音すると、音程が悪い部分が確実に分かりますし、

現在の自分の声の状態が分かります。

ですので、効率的にボイトレを行う事ができます。

音程を安定させるには、自分の声の録音も重要なのです。

 

カラオケ上達:本番では音程を気にしない

本番では音程を気にしないで歌われる事をオススメします。

本番で音程を気にすると歌声が前に飛ばす、

後ろへ引っ込んでしまいます。

本番では表現を中心に

本番で 音程を気にしなく済むくらい、

沢山練習しましょう

 

カラオケ上達:正しいブレス(息継ぎ)は口?鼻?

ブレス(息継ぎ)について

「鼻で行ったら良いのか?」

「口で行ったら良いのか?」

といったご質問をよく受けます。

私はブレスは鼻で行う事が望ましいと個人的に考えています

口で行ってしまうと、肩が上がったりして、フォームが崩れやすくなりますし、

口や喉が乾燥しやすくなります。

フォームの崩れや口、喉の乾燥を防ぐ意味でも、ブレスは鼻で行うべきです☆

 

カラオケ上達:レガート」って何だ?カラオケで滑らかに歌う!

ブツ切れにならず、滑らかに歌う事を「レガート」と呼びますが

「レガート」で歌うには息を吐く力が必要です

もしカラオケなどで歌っていて「ブツ切れになっているな~」

と感じられたらそれは息を吐く力が弱い証拠です☆

 

知ってますか?声の強弱をつける方法

声の強弱は呼気の排出スピードで決まります

排出スピードが早ければ強の声になり

遅ければ弱の声になります

これらをコントロールする為呼吸法のボイトレが必要なのです☆

 

カラオケ上達:ロングトーンについて①(横隔膜)

声の支えが喉だと、

ロングトーンが続かず、

直ぐに声が無くなってしまいます。

 

横隔膜で声を支えれる

横隔膜で声を支えれるようになるとロングトーンが容易になります

しかし多くの方は喉で声を支えようとしています。

これではロングトーンは続けられないです。

 

横隔膜で声を支えるには?

横隔膜で声を支えるには、

腹式呼吸のトレーニングが最適です☆

 

カラオケ上達:低音の限界と注意ポイント

高音はテクニックを身に付ける事で克服出来ますが、

低音はその人の体格などで、出る音域が決まってしまいます。

ですので低音を出す時によくあるのが、

低音になるにつれて、声の響きが下がってしまう事です。

確かに声の響きを下げると低音が出るような気がしますが、

実際は思うほど低音が出ていない事が多いですし、

何より楽音として望ましい声でなくなってしまいます。

低音の時ほど声の響きに注意する事が大切です☆

 

カラオケ上達:低音部で心掛ける事

よく低音部で無理やり喉で鳴らそうとされる方がいらしゃいますが、

低音部であっても、喉に無駄な力を入れてはいけません。

喉に無駄な力を入れた低音部は、非音楽的な音であり、

演奏に適しない音です。

低音部であっても喉に無駄な力を入れず、腹式呼吸や表情筋へ声を出す力を分散させましょう☆

 

 

 

カラオケでテンポの速い曲で事故らない方法

カラオケでテンポの速い曲を歌うと、

息が続かなくなったり、

口がまわらなくなったり、

リズムが掴めなかったり等になってしまう方も多いのではないでしょうか

テンポの速い曲ほどフォームが大切です

フォームを崩さないように歌えばテンポの速い曲でも

問題なく歌えます

フォームを崩さないように歌えるようになるには、日々のボイトレが欠かせません

 

カラオケ上達:カラオケで声が枯れなくなる方法

歌っている時、喉にムダな力が入ると喉が閉まり、声帯の自由な伸縮運動が阻害され、

声帯の負担が大きくなり、声が枯れてしまいます。

カラオケで声を枯らさないようにするには、喉にムダな力が入らないように

喉以外の部分をシッカリ使いながら歌うクセをつけておくと

歌っている時、喉にムダ力が入らなくなり、声が枯れなくなります。

 
 
Pocket
LINEで送る