Pocket
LINEで送る

ミックスボイスのコツ!

中学生、高校生のボイストレーニング

体験レッスン受付中

詳しくはコチラ

 

声楽コース

体験レッスン受付中

詳しくはコチラ

 

地声と裏声を上手にミックスさせる方法

ミックスボイスのポイントは地声と裏声を上手くミックスさせる事です。

その為にはまず地声とは何か?裏声とは何か?を知っておくと、

今後のボイストレーニングに役立ちます。

 
 
 

地声の声帯

地声の時、声帯は声帯靭帯と声帯粘膜が同時に動いている状態です。

声帯靭帯と声帯粘膜が同時に動くと声帯はシッカリ閉じられ、

この状態の声は力強くシッカリした声に感じられます。

しかし、声帯はあまり伸展していませんので、高音は出にくい状態です。

 
 
 

裏声の声帯

裏声の時、声帯は最大限に伸展し、高音が出やすい状態です。

ただ声帯靭帯は、ほとんど動かず、声帯粘膜だけが動いている状態です。

声帯粘膜しか動いていない状態だと、声帯はシッカリ閉じず、

この状態の声は地声に比べると非常に弱く感じられます

 
 
 

地声から裏声をスムーズに

ミックスボイスは地声から裏声、裏声から地声にスムーズに移行させる事が重要です。

その為に地声から裏声、裏声から地声に切り替えるようなボイストレーニングを行う必要があります。

おススメのボイストレーニングはオクターブのボイストレーニングで、

例えば、低いドは地声で、高いドは裏声

そして滑らかに低い地声のドから高い裏声のドに移行するように発声する。

こういったボイストレーニングを沢山すると、

地声から裏声、裏声から地声にスムーズに移行出来るようになります。

 
 
 

裏声の時の対策

裏声の時は高音は出やすい状態ですが、

非常に弱弱しい声の状態です。

対策としては、裏声時にボーカルフライなど、

声帯をシッカリ閉じるボイストレーニングを行う事と、

地声の時に比べ、声をシッカリ響かせる意識を持つ事です。

具体的には裏声時は地声時に比べ軟口蓋を引き上げ、

口腔内をシッカリ拡げる事です。

以上です。

本日もお読み頂きましてありがとうございました♪

 

中学生、高校生のボイストレーニング

体験レッスン受付中

詳しくはコチラ

 

声楽コース

体験レッスン受付中

詳しくはコチラ

 

Pocket
LINEで送る