Pocket
LINEで送る

歌が上手くなる方法・腹式呼吸編

 
 
 

腹式呼吸と胸式呼吸の違い(息を吸う) 歌が上手くなる方法

まず胸式呼吸についてですが、

胸式呼吸は息を吸い込む事を重要視した呼吸法です。

息を吸い込む時に肺を拡張させる筋運動を行っています。

具体的には息を吸い込もうとすると肋骨が拡がり、

それに連動して横隔膜も拡がります。

こうする事で肺が拡張し息を吸い込みます。

では腹式呼吸はどうか?

腹式呼吸は息を吐く事を重要視した呼吸法です。

ですので息を吸い込む時は力を出来る限り力を抜き緩めている状態です。

呼吸は「息を吐く」「息を吸う」どちらかを意識すると、

どちらかが無意識に近い状態になります。

「息を吐く」「息を吸う」この2つを同時に同じ力で行うのは、

かなり困難です。
 
 
 

腹式呼吸と胸式呼吸の違い(息を吐く時) 歌が上手くなる方法

胸式呼吸の時は肋骨と横隔膜が収縮していますの、

肺は活発には動いていません。

腹式呼吸の時は肋骨と横隔膜は拡がり、肺の可動域が拡張し、

腹斜筋の引き上げ運動が起き、肺は活発に動いています。

この事からも分かる通り、

胸式呼吸、腹式呼吸のどちらが豊かな歌声、

話し声に適した呼吸法か、お分かり頂けたかと思います。
 
 
 

腹斜筋について呼気の排出量を増やす 歌が上手くなる方法

通る声になるには声帯の振動数を増やさないといけません。

声帯を振動させるのは肺から排出される息です。

肺から排出される息の量を増やすのが、

声帯の振動数を上げ、通る声になるポイントになります。

ではどのようにすれは肺から排出される息の量は増えるのでしょうか?

息の排出運動が起きるのは体の胴体下部からの筋肉の収縮運動から生まれます。

この胴体下部からの筋肉の収縮運動に重要な部分が腹斜筋です。

腹斜筋はおへその下の部分から肋骨の後ろについている広背筋まで、

斜めに伸びている筋肉です

この腹斜筋という部分を動かす(下腹をへこませる)とおヘソより上方向に圧力が掛かります。

おヘソより上方向に圧力が掛かると、肺が押し上げられます。

肺が押し上げられると、その分たくさん息が出ます。

息がたくさん出ると声帯の振動数が上がり、通る声になります。

ですので、肺から排出される息の量を増やすには、

腹斜筋の活用が重要になります。

 
 
 

横隔膜とは?歌が上手くなる方法

胃・腸等の器官と心臓、肺等の器官を分けている膜。
肺の下に位置しています。


呼吸において;

横隔膜が上下することで呼吸を助け、促進を促します。

横隔膜が下がり拡がると胸郭も拡がります。

この事によって肺の可動域が拡がり、肺の活発な運動を促進します。

備考;

横隔膜は独自で運動する事はできません。

ですので横隔膜を動かせる為には横隔膜周辺の筋肉を利用しなければいけません。
 
 
 

横隔膜活用 歌が上手くなる方法

横隔膜は肺の下にあり、

普段はドーム状に縮んでいます。

縮んだ状態では肺は活発に動きません。

肺を活発に動かすには、

横隔膜を拡げないといけません。

ただ横隔膜は初めは単独では動きません。

別の器官の動きを利用して横隔膜を拡げないといけません。

横隔膜を拡げる器官は胸郭です。

胸郭が拡がると、横隔膜も拡がります。
 
 
 

腹斜筋の活用 歌が上手くなる方法

横隔膜を活用するには横隔膜を拡げる必要があります。

横隔膜を拡げる事が横隔膜を活用する第一歩です。

横隔膜を活用する第二歩は横隔膜を動かす事です。

横隔膜を拡げた状態では横隔膜は活発に動きません。

横隔膜を活発に動かすには腹斜筋の活用が必要です。

腹斜筋はオヘソの下から斜め上に伸びている筋肉です。

腹斜筋を動かすと横隔膜が活発に動き、

肺も活発に動き出します
 
 
 

横隔膜を鍛えるボイストレーニング 歌が上手くなる方法

横隔膜は初めは単独では動きません。

別の器官の動きに連動して横隔膜も動きます。

横隔膜に影響を与える器官は胸郭です。

胸郭が動くと、横隔膜も連動して動きます。

胸郭のトレーニングでのポイントは背中です。

背中を拡げるトレーニングを行うと、

正しく胸郭は拡がり、

横隔膜も拡がります。

背中を拡げるトレーニングで一番簡単な方法は、

息を”ハー”と吐きながら両手を前に組んで、

両手を前に押し出すトレーニングです。

このトレーニングで背中の拡がりの自覚ができます。

また横隔膜のストレッチにもなりますので、

ボイストレーニングが初めての方は是非行って頂きたいトレーニングです。
 
 
 

腹斜筋を鍛えるボイストレーニング 歌が上手くなる方法

腹斜筋はオヘソの下から斜め上に伸びている筋肉です。

腹斜筋が動くと横隔膜も動きます。

腹斜筋の動かし方の確認方法は、

息を”ハー”と吐きながら左足を水平に上げます。

左足を水平に上げた時、腹斜筋もその動きに連動して動きます。

水平に上げる足は、必ず左足でなくても右足でもかまいません。

左右どちらかの足を水平に上げると、腹斜筋の動きが確認できます

 
 
Pocket
LINEで送る