Pocket
LINEで送る

声帯の振動数を増やす発声練習(声門閉鎖の強化)

声帯の振動数が上がれば、通る声になります。

横隔膜を活用し、声門閉鎖が強化される発声練習をたくさん行うと、

声帯の振動数が上がります。

今回は声門閉鎖の発声練習について

 

メカニズム

横隔膜を活用すれば多くの呼気が流出され、

その分、声帯も振動します。

しかし、

その時の声帯がフニャフニャな状態だと、

肺からたくさん呼気を流出されても、

その恩恵を受ける事はできません。

声帯をピーンと張った状態でないと、

通る声にはならないのです。

 

声帯をピーンと張る方法と声門閉鎖の強化

声帯をピーンと張るには声帯を伸ばし、

声帯を内側に閉じないといけません。

声帯を伸ばすには

輪状甲状筋と側筋を鍛える発声練習をたくさん行う必要があります。

声帯を内側に閉じるには横筋を鍛える発声練習を沢山行う必要があります。

輪状甲状筋と側筋を強化する発声練習のポイントは裏声と息漏れの声です。

横筋を鍛える発声練習は声の響きを意識した発声練習とエッジボイスです☆

 
 
Pocket
LINEで送る