Pocket
LINEで送る

【話し方】声のトーンと声の響き

例えば挨拶する時、声のトーンが高い人は印象が良く、好感度高いですよね。

逆に挨拶をする時、声のトーンが低い人は印象、好感度があまり良くないような気がします。

声のトーンの高さで人の評価が決まるわけではないですが、

声のトーンの高さで、相手に誤解を招く恐れがあります。

 

声のトーンと円滑なコミュニケーション

もし声のトーンの高さで相手に誤解されると、非常の勿体無いように思います。

相手に誤解を招かない為にも、人とのコミュニケーションの場面では

声のトーンを気をつける事が円滑なコミュニケーションに繋がります。

声のトーンを上げる方法

声のトーンを上げると、相手に「明るい」「元気」「楽しそう」「耳触りがいい」「心地がよい」

といった印象を与え、貴方の好感度が上がります。

では、どのようにして声のトーンを上げるのかというと、

まず音程を意識する事。
声のトーンは音程を意識するとあがります。

具体的には「ソ」か「ラ」の音を意識すると声のトーンが上がります。

声の響きについて

声のトーンは音程を意識する事で上がります。

そして、より効果的に声のトーンを上げるには、

声の響きを上げる必要があります。声の響きを上げる簡単な方法は表情筋を使う事。

表情筋を動かす簡単な方法は笑顔。

笑顔で声を出すようにすると声の響きは上がります。

 

声のトーンと声の響きの関わりについて

声のトーンが高めの人は必ずといっていいほど

笑顔でコミュニケーションを行っています。

個人的な事ですが、私は声のトーンが高めの人で

表情が乏しい人にお会いしたことはありません。

ですので声のトーンを上げるには、

まずは笑顔で声を出す事が声のトーンを上げる近道かもしれません。

 

まとめ

声のトーンを上げると、

相手に「明るい」「元気」「楽しそう」「耳触りがいい」「心地がよい」

といった印象を与え、貴方の好感度が上がります。

声のトーンを上げるには

①「ソ」か「ラ」の音を意識して声を出す

②笑顔で声を出す

 

目的でコースを選ぶ

ミュージカルや演劇の為に!
声楽コース(中学生、高校生)
声楽コース(大学生,院生,専門学生)
声楽コース(社会人)

カンツオーネやオペラアリアを歌いたい!
声楽コース(中学生、高校生)
声楽コース(大学生,院生,専門学生)
声楽コース(社会人)

カラオケで上手に歌いたい!
ボーカル・コース(全年齢対象)

バンドでボーカルをしているので
ボーカル・コース(全年齢対象)

声の老化防止、改善の為に
50代からのボイストレーニング

   
Pocket
LINEで送る