Pocket
LINEで送る

おはようございますやで♩

ボイストレーナー小谷泰久です☆

サッカー男子日本代表監督のハリルホジッチ氏が解任されました。

私はサッカーが大好きです。

故にこのニュースを耳にしたとき、一瞬驚きました。

ただ最近のサッカー男子日本代表のプレーなどをみていると納得できる事でもあります。

個人的に最近のサッカー男子日本代表のプレーは、ぎこちなく、非常に歯がゆいものでした。

しかし今となってはその原因が分かります。

ハリルホジッチ氏の解任理由がコミュニケーション不足という事でした。

実際どのようなコミュニケーションがはかられていたかは分かりません。

ただ結果としてハリルホジッチ氏の考えるサッカースタイルを選手たちが納得していなかったという事

そして、その事をハリルホジッチ氏が知ってか知らずか自分のサッカースタイルを推し進めた結果、

選手との関係が完全に破綻してしまい、そして解任。

女子レスリングの問題もそうですが最近、指導者と選手の問題がメディアでよく取りだたされています。

問題の原因は指導者と選手との考え方の齟齬だと思います。

そしてその齟齬も最初からあるのではなく、徐々に生まれていきます。

その原因は選手の変化です。

女子レスリングの場合は選手が成長していく過程で考え方が以前に比べて変化していったのだと思います。

サッカー男子日本代表の場合は一人一人の選手の成長もそうですが、

それ以外にも例えば今の日本サッカー協会会長はハリルホジッチ氏が監督に就任した当時のサッカー協会会長ではありません。

また様々なスタッフが入れ替わっています。

そういった様々な変化にハリルホジッチ氏は対応できていなかったのでしょう。

対応できていなかったので齟齬が生まれ、コミュニケーション不足となり、そして解任。

指導者に求められるのは選手を育てるという事です。

そのためには選手をはじめ、周りの様々な変化に気づき対応していくことが大切。

そのことを今回の事で改めて感じました。

私も指導者の一人として肝に銘じます☆

 
 
Pocket
LINEで送る