Pocket
LINEで送る

おはようございますやで♩

ボイストレーナー小谷泰久です☆

”先生の発声法は合理的ですね!”

昨日ある生徒さんに言われました。

私の発声法は声を出すうえで重要な部分を理解して、強化し、そして実践へ結びつける発声法です。

故に一つ一つの発声練習にも理由があります。

例えば腹斜筋(丹田)を意識した発声練習については、

声は閉じた声帯を振動させることで生まれます。

声帯を振動させるのは肺から排出される息です。

腹斜筋(丹田)が強化されると腹斜筋(丹田)より上方向に力の向きが生まれ、

その力で肺が押し上げられ、息がシッカリ排出されます。

息がシッカリ排出されれば声帯はシッカリ振動し声もシッカリしか声になります。

個人的には、ただただ声を出す練習は意味が無いと考えています。

歌の練習は他の楽器と比べ長時間の練習は難しいです。

声帯は繊細な器官ですので、長時間練習してしまうと、かえって悪影響が出ます。

ですので歌の練習は内容を濃くし、短時間で済ませることが理想です。

歌の練習の内容を濃くするには一つ一つの練習に意味を持たせる必要があります。

私のボイストレーニングはこのような考えを元に考案し構成しています。

 
 
Pocket
LINEで送る