Pocket
LINEで送る

おはようございますやで♩

ボイストレーナー小谷泰久です☆

今朝は良きお天気ですね^^

先日のレッスンである生徒さんから地声から裏声に上手く切り替わらないという相談を受けました。

まず理解しておかなければいけないのが声帯には大きく3種類の動き方があります。

1つ目は地声の時の動き方で、この時、声帯は閉じる力が優位に働きます。

閉じることが優位に働くことでシッカリした声になりますが声帯が伸展していない為、高音は出にくいです。

2つ目は裏声の時の動きで裏声の時、声帯は伸展する力が優位に働きます。

伸展する力が優位に働くことで高音は出やすくなりますが、このままだと声帯が閉じる力が弱いため弱弱しい声になります。

3つ目は地声から裏声に切り替え時の動きです。

今回の生徒さんの場合は普段は地声だけで歌うことが多く裏声を出す機会が少なかったとの事でしたので、

高音部分は積極的に裏声で歌う事と地声と裏声を交互に出す練習を沢山トレーニングするようにアドバイスしました☆

 

 
 
Pocket
LINEで送る