Pocket
LINEで送る

おはようございます♩

ボイストレーナー小谷泰久です☆

生徒さんから低音を出せるようになりたいという要望を受ける時があります。

低音に関してですが、基本的に声帯の大きさや体格などで、どの程度まで出るか決まります。

ですので低音を出すことに向いてい人と不向きの人がいる事も事実です。

個人的にはご自身にとって無理の無い発声で低音を出すようにし、

無理の無い発声で出せる低音の限界の音が歌う時の低音の限界の音と認識する事が安全であると考えます。

低音を出そうと無理やり声を出そうとすると、

確かに低音は出でいるけれども、音程は下がり、輝きに乏しい音になり、

とても楽音として使えない声になってしまいます。

低音を出すのに特別な発声はありません。

どの高さの音であれ、ご自身にとって無理の無い発声で出せるようになる事が重要です☆

 
 
Pocket
LINEで送る