Pocket
LINEで送る

おはようございます♩

ボイストレーナー小谷泰久です☆

歌っていて音程が下がってしまうのは

①音の認識不足
②声の響きが悪い
③声唇の運動過多

この3点が考えられます。

①の音の認識不足については、とにかく歌っている曲を客観的に聴くことです。

参考用の音源があれば、それをシッカリ聴くことが大切ですし、

ご自宅にピアノやキーボードがあればメロディーを弾くことも効果的です。

②の声の響きについては、歌っている時に良い響きで歌うには、

上唇より上で声を響きせて歌えるようになると音程は安定します。

練習としては口角を上げてハミングの練習など、声を響かせる練習が効果的です。

③の声唇の運動過多については、喉に無駄な力が入る事により起こります。

これを防ぐには呼吸筋や横隔膜を使って声を出す練習を沢山行う練習が効果的です☆

 
 
Pocket
LINEで送る