Pocket
LINEで送る

【話し方】あなたの話し方が聞き取りにくい3つの理由

 
 

話していると

「ん?」

「え?」

「何?」

とよく聞き返されるんです。

最近このような悩みを抱えて

私のボイストレーニングを希望される方が増えてきました。

よく聞き返される、聞き取りにくい話し方になってしまう原因は、

・声の土台が不安定

・声の響きが悪い

・話すスピードが問題

この3つが大きな原因です。

この3つの大きな原因が解消されると、

話し方の問題も解消されます

 

あなたの声が聞き取りにくい理由”声の土台が不安定”

 

声の土台が不安定な原因は呼吸筋が弱い事です。

呼吸筋がしっかり活発に動いていないから、

声が揺れたりして声が不安定になってしまうのです。

呼吸筋がしっかり活発に動くと、

声が揺れなくなり、声が安定します。

あなたの声が聞き取りにくい理由”声の響きが悪い”

 

呼吸筋を鍛え、

声の土台を安定させても、

声の響きが悪いと、

声は前に飛ばず、

こもった声になったしまいます。

せっかく呼吸筋を鍛えても、

その効果は発揮されず、

これではもったいないです。

鍛えた呼吸筋の効果を発揮させる為には、

声の響きを良くする事も重要なのです。

あなたの声が聞き取りにくい理由”話すスピードの問題”

 

聞き取りやすい話し方をされている人の話すスピードは、

常に一定のスピードです。

逆に話すスピードが話している本人の意思とは関係なく、

突然速くなったり、遅くなったりすると、

非常に聞き取りにくくなります。

聞き取りやすい話し方になるには、

話すスピードをコントロールし、

一定に保たなければいけません。

誰でもデキる!声の土台を安定させるボイストレーニング

 

声の土台を安定させる最適なボイストレーニングは

腹式呼吸です。

腹式呼吸のボイストレーニングを沢山すると、

呼吸筋が鍛えられ、声は安定します。

一番簡単な腹式呼吸は、

下腹を意識しながら、深いため息をつく事です。

超簡単!声の響きを良くするボイストレーニング

 

声の響きを良くするボイストレーニングで

一番簡単な方法は、

笑顔で声を出す事です。

笑顔を意識しながら、

詩の朗読をしたり、

歌うだけでも

声の響きは格段に良くなります。

またこのトレーニングの時に、

鏡で自分の顔を見ながら行うと、

より効果的です。

話すスピードを安定させるボイストレーニング

 

聞き取りやすい話し方になるには、

常に一定のスピードで話せるようにならないといけません。

常に一定のスピードで話すには

話すスピードをコントロール必要があります。

話すスピードをコントロールするには

身体的な要因と精神的な要因を解消しなければいけません。

身体的な要因は呼吸筋

精神的な要因は焦り、不安感などの解消

話すスピードを安定させるには、

この2つの要因にアプローチしなければいけません。

身体的要因の呼吸筋に関しては、

腹式呼吸のトレーニングを沢山行い、

腹式呼吸を意識して、

詩の朗読や歌を歌う等の

ボイストレーニングを沢山行うと呼吸筋は鍛えられます。

精神的要因に関しては、

不安要素を解消していく事です。

不安要素が沢山あると、

人は早口になったり、詰まったり、噛んだりと

話すスピードに問題が出てきます。

不安要素を解消する方法として、

例えば人前で話さないといけない時は、

「もうこれ以上する事は無い」

と思えるくらい

話す内容などの事前準備をしっかり行う等

また今回ボイストレーニングを行う事も、

不安要素を解消する行為だと思います。

 
 

 
 
Pocket
LINEで送る