Pocket
LINEで送る

おはようございます♩

ボイストレーナー小谷泰久です☆

喉のケアと聞くと、

 

マスクをしたり飴を舐めたり喉を温めたりといったことを連想される方が多いのではないでしょうか。

 

 

確かにこれらのケアも大切です。

 

 

しかし、これらは外的なケアであって、

 

 

実は声のケアで一番大切なのは内的なケアです。

 

 

内的とは体の状態を指しています。

 

 

声を出す上で声帯の状態は重要で、

 

 

声帯の良い状態は声帯が水分で覆われている状態です。

 

 

逆を言えば声帯が水分に覆われておらず、乾燥していると、

 

 

声が擦れたり声帯が腫れたり、問題が起きます。

 

 

これらを防ぐためにマスクをしたり、飴を舐める事も大切なのですが、

 

 

体内の水分量が少ないと、マスクをしても飴を舐めても声帯が乾燥してきます。

 

 

なので体内の水分量をある程度確保しておく必要があります。

 

 

その為には、こまめな水分補給が大切です。

 

 

また気を付けてなければいけないのは塩分の摂りすぎとアルコールの摂りすぎです。

 

 

塩分過多になると体内で塩分を薄めようと水分を使いますので、結果として喉が乾燥してきます。

 

 

またアルコールも同じように体内でアルコールを分解するために大量の水分を使いますので、

 

 

結果として喉が乾燥してきます。

 

 

塩分過多やアルコールの摂りすぎも喉には良くないのです☆

 
 
Pocket
LINEで送る