Pocket
LINEで送る

【話し方】コールセンターから学ぶ 
接客業の為のボイストレーニング

 

以前、自宅の家電製品が不調になった時

私はその家電メーカーのコールセンターへ電話しました。

家電製品の不調でイライラしていた私の電話に出て下さった担当の方は男性の方。

非常に落ち着いた声のトーンで話し方はとても穏やかでゆっくりした話し方でした。

その方の声を聴き、話しているうちに、

不思議とイライラは消え、

とても落ち着いた状態になり、

その後、問題解決方法が分かり電話を切りました。

声、話し方の重要性を改めて再確認した出来事でした。

 

接客業、サービス業に必須!メラビアンの法則

 

最近メラビアンの法則などが注目されているように

他者から受ける印象の重要性が高まっているようです。

 

メラビアンの法則とは

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが

1971年に提唱した法則で、

相手に与える影響として発せられるメッセージよりも、

その際の表情や口調のほうが強い影響力を持つというものです。

 

声もその人の印象に大きく関わります。

例えば何かに困っていて、

相談を持ち掛けた方の声や話し方に問題があったら、

どのような印象を受けるでしょう?

勿論、内容が一番大切です。

しかし見た目や話し方に問題があると 、

どんなに内容が優れていても誤解が生じ、

それは伝える本人にとっては損なのではないでしょうか?

見た目や声、話し方に磨きをかけておくと、誤解を生み、

損ををしてしまう事を防ぐ事に繋がるのです

 

最高のコミュニケーション極意

 

コミュニケーションで最も重要な事は、

誤解されない事です。

どんなに素晴らしいモノでも、

誤解されてしまうと意味が無くなります。

誤解される原因は様々ですが、

一番身近な事は、

見た目の印象です。

見た目の印象が悪いと、

確実に誤解されます。

ただ言い方を変えれば、

身近な事だからこそ、

本人の努力次第で治る事でもあります。

見た目の印象については、

服装や髪形は当然、見た目の印象に含まれますが、

声も実は見た目の印象に含まれます。

特に声は、その人の内面を映し出します。

服装や髪形の身だしなみを整えるの同じように、

声の身だしなみをを整える事も、

誤解されず、他者と円滑なコミュニケーションを行う上で

大切なのです。

 

超簡単!落ち着いた声になるボイストレーニング

 

落ち着いた声になるには、

腹式呼吸のトレーニングが効果的です。

腹式呼吸のトレーニングを行うと、

声の土台が鍛えられシッカリした声になり、

落ち着いた声になります。

オススメのトレーニング方法は、

まずは下腹を意識しながら、

深いため息をつく。

こういったトレーニングを毎日短時間でも良いので行っていると、

次第に落ち着いた声になっていきます。

 

誰でもデキる!愛され声になるボイストレーニング

 

愛され声のポイントは声の明るさです。

魅力的な声の人は、

明るい声で話しています。

明るい声になるには、

表情筋のトレーニングが効果的です。

表情筋のトレーニングのポイントは、

笑顔で声を出す事です。

またオススメの表情筋トレーニングは、

腹話術です。

表情筋をずっと上げたまま声を出すトレーニングなのですが、

腹話術のように見えるので、

個人的に名付けているのですが笑

腹話術で文章を読んだり歌を歌うと、

表情筋が効果的に鍛えられます。

興味を持たれたら是非、行って見て下さい。

きっと顔が痛くなりますよ笑

 

接客業の為のボイストレーニングのまとめ

 

接客業、サービス業では

話し声や話し方はとっても重要です。

話し声や話し方に問題があると、

お客様から誤解を受ける恐れがあります。

ですので、服装や髪形などの見た目の身だしなみを整えるように、

ボイストレーニングで声の身だしなみを整えるのも重要です。

 
 
Pocket
LINEで送る