Pocket
LINEで送る

おはようございます♩

ボイストレーナー小谷泰久です☆

歌っていて音程が下がってるなーって時って

 

 

喉で音程を取っていることが多いです。

 

これはボイストレーニングを始めたばかりの方に多い傾向です。

 

 

音程を喉で取ろうとすると、

 

 

喉に無駄な力が入ります。

 

 

喉に無駄な力が入ると

 

 

声帯を閉じる力が強く働きますが、

 

 

声帯を伸ばす力が働きません。

 

 

音程は声帯が伸びないと不正確になりますので、

 

 

 

正しい音程で歌うには、

 

 

 

喉以外の部分で

 

 

音程を取るように歌うと

 

 

喉に無駄な力が入らず、

 

 

 

正確な音程で歌えるようになります。

 

 

 

ではどの部分で音程を取れば良いのか?というと、

 

 

 

それは腹斜筋などの呼吸筋です。

 

 

 

 

腹斜筋などの

 

 

 

呼吸筋で音程を取って歌うと、

 

 

 

当然喉に意識がいかなくなりますので

 

 

 

喉に無駄な力が入らなくなります。

 

 

 

 

また呼吸筋をしっかり使うと

 

 

 

息の流出が強くなります。

 

 

 

 

息の流出が強くなると

 

 

 

声帯が伸びやすくなりますので、

 

 

 

高音も出やすくなりますし、

 

 

 

音程の正確さも上がります。

 
 
Pocket
LINEで送る