Pocket
LINEで送る

おはようございます♩

 

ボイストレーナー小谷泰久です☆

 

”シッカリした声で正しい音程で!”

 

 

 

真面目な方ほど

 

 

 

 

こういった事を意識して

 

 

 

 

歌われてしまう傾向になるように思います。

 

 

 

 

歌は面白いもので

 

 

 

 

歌っている時のイメージが具体的であればあるほど、

 

 

 

 

喉に力が入りやすくなってしまいます。

 

 

 

 

喉に力が入ると音程も悪くなりますし

 

 

 

 

声帯を傷めやすくなります。

 

 

 

 

歌う時に必要なイメージは

 

 

 

 

”およそ声を出す事と関係なさそうなイメージ”

 

 

 

 

例えば声を遠くへ飛ばす

 

 

 

 

流れるように歌う

 

 

 

 

など

 

 

 

 

イメージは具体的なものより、

 

 

 

 

少し抽象的なイメージの方が

 

 

 

 

歌には良い効果をもたらします☆

 

 
 
Pocket
LINEで送る