Pocket
LINEで送る

おはようございます♩

 

ボイストレーナー小谷泰久です☆

 

先日ある生徒さんに、

 

 

 

”何も考えずに歌いましょう”

 

 

 

とアドバイスすると、

 

 

 

 

歌いにくそうにされて生徒さんが

 

 

 

 

途端に歌いやすそうに歌われました

 

 

 

 

なぜその生徒さんは歌いにくそうにされていたのか

 

 

 

それは

 

 

 

”迷いがあったから”

 

 

 

正しい音程で、シッカリした声で、

 

 

 

などなど

 

 

 

 

歌っている時に色々考えすぎると

 

 

 

 

それが迷いの原因になり

 

 

 

 

思うように歌えなくなります。

 

 

 

 

これはスポーツでも同じような現象があって

 

 

 

 

スポーツではスランプと呼んだり

 

 

 

 

イップスと呼ばれたりします。

 

 

 

 

スランプやイップスの原因は身体的な問題ではなく

 

 

 

 

精神的な問題のようです。

 

 

 

 

スランプやイップスから脱却する第一歩は

 

 

 

 

考え過ぎず、

 

 

 

 

シンプルに取り組む事だと私は考えています。

 

 

 

 

歌であれば、

 

 

 

 

楽曲の世界感をイメージすることに専念することが望ましいですが、

 

 

 

 

それが難しいのであれば、

 

 

 

 

歌う時は何か一つだけ意識して歌う

 

 

 

 

例えば

 

 

 

 

”腹斜筋(丹田)だけ意識して歌う”

 

 

 

 

とか

 

 

 

 

迷うことなくシンプルに歌う事が、

 

 

 

 

本来の”歌う”という行為なのです☆

 
 
Pocket
LINEで送る