Pocket
LINEで送る

おはようございます♩

 

ボイストレーナー小谷泰久です☆

 

腹式呼吸において重要な筋肉で腹斜筋があります。

 

 

腹斜筋はオヘソの下から斜めに伸びている筋肉で、

 

 

腹斜筋を動かすと、

 

 

オヘソのしたより上方向へ力の向きが生まれます。

 

 

そうする事で肺が上に押し上げられ

 

 

肺が上に押し上げられた分、息が流れます。

 

 

息が上がれれば声帯の振動数が増え、

 

 

シッカリした声になります。

 

 

ここで注意ポイントとして、

 

 

腹斜筋を使おうと、

 

 

一度、力を入れたあと、力を止めてしまう人がいますが、

 

 

力を止めた瞬間、息の流れは止まります。

 

 

先ほど述べた通り、

 

 

押した分、息が流れるので、

 

 

例えば歌は息を流し続けなければいけませんので、

 

 

歌っている時は腹斜筋に力を入れ続ける必要があります

 
 
Pocket
LINEで送る