Pocket
LINEで送る

おはようございます♩

 

 

ボイストレーナー小谷泰久です☆

 

 

先日のレッスンである生徒さんに”声ってどうやって出来るんですか?”というご質問を受けました。

 

 

声は喉の中にある喉頭内部の声帯の働きにより生まれます。

 

 

声帯は二枚のヒダになっていて、

 

 

 

息を吸っている時は声帯は開いていて、声を出す時は閉じています。

 

 

しかし声帯が閉じているだけでは声は生まれません。

 

 

閉じられた声帯に肺から排出される呼気(息)が通過する事により、

 

 

声帯は振動し、

 

 

声の原音が生まれます。

 

 

その後、声の原音は喉頭腔や口腔で共鳴し、声となります。

 

 

またその際に舌や顎、唇の動きが加わると言語となります。

 

 

 

声の生まれる仕組みを簡単に説明するとこんな感じになります。

 

 

 

私のボイストレーニングでは、

 

 

 

まずは喉以外の部分を使うボイストレーニングを中心に行っています。

 

 

 

その理由としては

 

 

 

普段、喉以外の部分を使って歌ったり声を出している方が非常に少ないからです。

 

 

 

私の考えでは

 

 

 

声が出しにくくなる原因の根本は

 

 

 

喉だけの力で声を出している事。

 

 

 

喉だけの力で声を出していると声を出す力が喉に集中し過ぎて、

 

 

 

声帯の疲労が大きくなります。

 

 

 

結果として、

 

 

 

すぐに声が出にくくなったり歌であれば高音が出にくくなるのです。

 

 

 

先ほど声の生まれる仕組みをご説明した通り、

 

 

 

声は喉だけの力で生まれているのではなく

 

 

肺から排出される呼気(息)や喉頭腔や口腔で共鳴によって生まれます。

 

 

 

多くの方が喉だけの力で声を出しています。

 

 

 

別の言い方をすると

 

 

 

喉以外の部分を使えていないとも言えます。

 

 

 

またまた別の言い方をすると

 

 

 

喉以外の部分も使って声を出せるようになると、

 

 

 

今よりも、もっと良い声でお話し出来たり、

 

 

 

歌を歌ったり出来るようになるとも言えます。

 

 

 

喉以外で声を出す上で重要な部分はまずは呼吸筋

 

 

 

主に腹斜筋と横隔膜です。

 

 

 

腹斜筋と横隔膜を鍛えるには腹式呼吸のボイストレーニングが効果的です。

 

 

 

次に共鳴ポイント

 

 

 

共鳴ポイントは主に口腔と喉頭腔です

 

 

 

口腔に関しては表情筋を鍛えるボイストレーニングが効果的です。

 

 

 

喉頭腔に関しては鍛えるというよりかは

 

 

 

喉に無駄な力を入れないで声を出すようにしていれば十分です。

 

 

 

ボイストレーニングを行う上で声が生まれる仕組みを知っておくと、

 

 

 

一つ一つのボイストレーニングの意味や目的が分かり、

 

 

 

理解を深めてボイストレーニングを行う事が出来ますので、

 

 

 

ボイストレーニングの効果も上がるでしょう。

 

 

 

そういった意味でも、まずは大まかな知識でも良いので、

 

 

 

声の生まれる仕組みを知っておく事も大切です

 
 
Pocket
LINEで送る