Pocket
LINEで送る

おはようございます!

 

 

 

ボイストレーナー小谷泰久です☆

 

 

 

先日、ある高校生の生徒さんが、

 

 

 

“自分の声、嫌いなんですよーだってこの前、自分の声を録音して聴いてみると変な声だったからー“

 

 

 

とお話しして頂きました。

 

 

 

この生徒さんの声は決して変な声ではありません。

 

 

 

非常に前向きで充実した声をしています

 

 

 

変な声に聴こえたのは、

 

 

 

録音した自分の声を聞き慣れていないからです。

 

 

 

録音した自分の声に聞き慣れてくると自分の声の印象が変わります。

 

 

 

まあ慣れるまで大変かもしれませんが笑

 

 

 

私も今でこそ自分自身のボイストレーニングでは

 

 

 

自分の声を録音しますが、最初は嫌でした笑

 

 

 

“え!俺ってこんな声してるの?もっとカッコ良くて、イイ声してると思っていたのに・・・”

 

 

 

ただ、それではダメだと一大決心をし笑、

 

 

 

自分自身のボイストレーニングでは自分の声を録音するようにしました。

 

 

 

すると最初は”変な声だなー恥ずかしいなー”と感じていた録音した自分声に慣れてきて

 

 

 

録音した自分声に慣れてくると、

 

 

 

今度は自分の声の特徴や癖などに気付くようになりました。

 

 

 

歌であれば、自分自身問題無いと思っていた音程や言葉の発音

 

 

 

またその日の体調によって変わる声など

 

 

 

“毎日同じボイストレーニングするのではなく、

 

 

 

その日の体調を考えてボイストレーニングのメニューを考えないといけないなー”

 

 

 

そんな事を感じるようになりました。

 

 

 

このような経験から

 

 

 

私は自分の声を録音する事って上達していく上で非常に重要な事だと感じています。

 

 

 

録音をする事によって、

 

 

 

それまで気付かなかった自分自身の特徴などを知る事ができ、

 

 

 

普段のボイストレーニングの効果が分かります。

 

 

 

歌であれば音程や歌詞の発音

 

 

 

普段の話し声話し方であれば

 

 

 

話すスピードや声のトーン、言葉の発音など

 

 

 

録音しなければ気付かなかった問題箇所に気付けます。

 

 

 

そうなると練習の効率化が出来ます。

 

 

 

録音しなければ気付いたところを直せば良いのですから。

 

 

 

別の言い方をすると

 

 

 

録音しなければ永遠と問題箇所に気付かず上達も進まず

 

 

 

非常に非効率な練習になってしまいます。

 

 

 

時間は無限ではありません。

 

 

 

時間は有限で限られています。

 

 

限られた時間内で上達していくには

 

 

 

最初は恥ずかしくて面倒に感じる方法ではありますが、

 

 

 

ボイストレーニング時に

 

 

 

自分の声を録音する事はおススメの練習方法です。

 

 

 

また録音する録音機も余裕があれば

 

 

 

高音質で録音可能な録音機を使われても良いですが、

 

 

 

最初はスマホで十分ですので、

 

 

 

スマホの録音機能から始めましょう!

 
 
Pocket
LINEで送る