Pocket
LINEで送る

おはようございます♩

 

 

ボイストレーナー小谷泰久です☆

 

 

 

”自然な歌声を目指せ!”

 

 

 

学生の頃、尊敬する先輩に言われた言葉です。

 

 

 

自然な歌声とは何か?

 

 

 

それは作為的、人工的でなく、

 

 

 

声を出す器官や筋肉が活発に動いた結果出た歌声です

 

 

 

では声を出す器官や筋肉とは何処かというと

 

 

 

まずは腹斜筋

 

 

 

腹斜筋は肺から排出される呼気の流れを生み出します

 

 

 

そして横隔膜

 

 

 

横隔膜を使うと肺を最大限に活用できるようになります

 

 

 

そして表情筋や軟口蓋などの声の共鳴に関わる筋肉や器官

 

 

 

そして当然、声帯も必要ですし声帯の周りの外喉頭筋群も

 

 

 

声を出す上で重要な筋肉であり器官です

 

 

 

自然な歌声になるためには、

 

 

 

 

こういった筋肉や器官を一つずつ意識してボイストレーニングを行い

 

 

 

 

声を出す上で重要な筋肉や器官を自覚していく事です。

 

 

 

そして声を出す上で重要な筋肉や器官を自覚したら

 

 

 

 

今度は声を出す上で重要な筋肉や器官と歌声との関連を知る事

 

 

 

そして声を出す上で重要な筋肉や器官を強化していく

 

 

 

自覚→関連→強化

 

 

 

この流れに基づいたボイストレーニングが一番効果が上がるボイストレーニングです。

 

 

 

ただ闇雲にボイストレーニングを行っていても自然な歌声にはなりません。

 

 

 

自覚→関連→強化

 

 

 

この流れに基づいたボイストレーニングを日々積み重ねる事により、

 

 

 

自然な歌声になっていくのです

 
 
Pocket
LINEで送る