Pocket
LINEで送る

声が生まれる仕組み

声は肺から排出された呼気(息)が

喉頭(喉)の中にある声帯を通過する時に、

声帯が振動します。

声は肺から排出された呼気(息)が声帯を振動させる事で

声の元となる”原音”が生まれます。

声の元となる”原音”は

その後、喉で振動し、

次に口腔で振動し、

そして唇や舌、顎の動き等が加わる事で、

声となって体外に排出されます。

以上が声が生まれる仕組みです。

 

 

喉に無駄な力を入れない

歌であれば低音から高音までブレずに良い歌声で歌え、

普段の話し声であれば良い声で良い話し方ができる喉の状態があります。

それは

”喉に無駄な力が入っていない状態”です

逆に喉に無駄な力が入ると、

声帯にストレスが掛かり、

声帯は自由に動けなくなり、

安定的に声帯を振動出来無くなります。

安定的に声帯を振動出来無くなれば、

当然、声は不安定になり、

歌であれば高音は出なくなり、

ロングトーンが続かなくなったりします。

また普段の話し声であれば、

しゃべるスピードが不安定になったり、

滑舌が悪くなったりします。

また喉に無駄な力が入ると、

喉が締め付けられ、喉の空洞が狭くなります。

そうなると声の響きが悪くなる原因になります。

声の響きが悪くなると、

歌であれば音程が下がり、フラット気味になります。

普段の話し声であればあれば暗い曇った声になってしまいます。

”喉に無駄な力が入っていない状態”で声を出せるようになれば、

こういった問題から解放されます。

”喉に無駄な力が入っていない状態”で声を出せるようになれば、

歌であれば低音から高音までブレずに通りの良い声で歌えるようになります。

また声の響きも良い状態ですので、音程が下がる心配もありません。

普段の話し声であれば、通りの良い明るく通りの良い声になり、話すスピードも安定し、

滑舌も良くなります。

では

”喉に無駄な力が入っていない状態”で

声を出せるようになるにはどうすれば良いのでしょうか?

それは

喉以外の部分を使って声を出すようにする事です。

喉だけの力で声を出しているから、

喉に無駄な力が入り、

それが原因で様々な声の問題が生まれているのです。

当教室では

喉以外の部分を使って声を出せるようになるボイストレーニングを行っています。

具体的には呼吸筋と共鳴筋をシッカリ使って声を出せるようになるボイストレーニングです。

呼吸筋と共鳴筋をシッカリ使って声を出せるようになれば、

あらゆる声の問題は解決されていきます。

声帯の振動数を上げる

 

いわゆる「通る声」とはどんな声でしょうか?

私が考える通る声とは

「空気抵抗の少ない声」です。

空気抵抗の少ない声になるには、

声帯の振動数を上げるなければいけません。

声帯を振動させるのは肺から排出される呼気(息)です。

ですので、声帯の振動数を上げるには

肺から排出される呼気(息)の量を増やす事が重要です

 

呼気の排出量を増やす編

呼気は声の下地です。

下地が不安定だと声は揺れ、不安定になります

声を安定させるには呼気の強化が必要です。

また呼気の流出が強化されると、いわゆる”通る声”になります。

通る声になるには声帯の振動数を増やさないといけません。

声帯を振動させるのは肺から排出される呼気です。

肺から排出される呼気の量を増やすのが、

声帯の振動数を上げ、通る声になるポイントになります。

ではどのようにすれは肺から排出される呼気の量は増えるのでしょうか?

呼気の排出運動が起きるのは体の胴体下部からの筋肉の収縮運動から生まれます。

この胴体下部からの筋肉の収縮運動に重要な部分が腹斜筋です。

腹斜筋はおへその下の部分から肋骨の後ろについている広背筋まで、

斜めに伸びている筋肉です

この腹斜筋という部分を動かす(下腹をへこませる)とおヘソより上方向に圧力が掛かります。

おヘソより上方向に圧力が掛かると、肺が押し上げられます。

肺が押し上げられると、その分たくさん呼気が出ます。

呼気がたくさん出ると声帯の振動数が上がり、通る声になります。

ですので、肺から排出される呼気の量を増やすには、

腹斜筋の活用が重要になります。

横隔膜とは;

胃・腸等の器官と心臓、肺等の器官を分けている膜。
肺の下に位置しています。

 

呼吸において;

横隔膜が上下することで呼吸を助け、促進を促します。

横隔膜が下がり拡がると胸郭も拡がります。

この事によって肺の可動域が拡がり、肺の活発な運動を促進します。

 

備考;

横隔膜は独自で運動する事はできません。

ですので横隔膜を動かせる為には横隔膜周辺の筋肉を利用しなければいけません。

横隔膜の活用

“歌を上達させるには腹式呼吸で歌いなさい”

歌上達を目指している方は、こういった言葉をよく耳にされると思います。

しかし腹式呼吸とは、どんな呼吸方法なのか正しく理解されている方は少ないように思います。

腹式呼吸とは横隔膜を活用して、肺をより活発に動かす呼吸法です。

ですので本来は”腹式呼吸”ではなく”横隔膜呼吸”と呼ぶのが正しいです。

”腹式呼吸”という名称が様々な誤解を招いているのかもしれません。

 

横隔膜活用

横隔膜は肺の下にあり、

普段はドーム状に縮んでいます。

縮んだ状態では肺は活発に動きません。

肺を活発に動かすには、

横隔膜を拡げないといけません。

ただ横隔膜は初めは単独では動きません。

別の器官の動きを利用して横隔膜を拡げないといけません。

横隔膜を拡げる器官は胸郭です。

胸郭が拡がると、横隔膜も拡がります。

 

腹斜筋の活用

横隔膜を活用するには横隔膜を拡げる必要があります。

横隔膜を拡げる事が横隔膜を活用する第一歩です。

横隔膜を活用する第二歩は横隔膜を動かす事です。

横隔膜を拡げた状態では横隔膜は活発に動きません。

横隔膜を活発に動かすには腹斜筋の活用が必要です。

腹斜筋はオヘソの下から斜め上に伸びている筋肉です。

腹斜筋を動かすと横隔膜が活発に動き、

肺も活発に動き出します

 

横隔膜を鍛えるボイストレーニング

横隔膜は初めは単独では動きません。

別の器官の動きに連動して横隔膜も動きます。

横隔膜に影響を与える器官は胸郭です。

胸郭が動くと、横隔膜も連動して動きます。

胸郭のトレーニングでのポイントは背中です。

背中を拡げるトレーニングを行うと、

正しく胸郭は拡がり、

横隔膜も拡がります。

背中を拡げるトレーニングで一番簡単な方法は、

息を”ハー”と吐きながら両手を前に組んで、

両手を前に押し出すトレーニングです。

このトレーニングで背中の拡がりの自覚ができます。

また横隔膜のストレッチにもなりますので、

ボイストレーニングが初めての方は是非行って頂きたいトレーニングです。

 

腹斜筋を鍛えるボイストレーニング

腹斜筋はオヘソの下から斜め上に伸びている筋肉です。

腹斜筋が動くと横隔膜も動きます。

腹斜筋の動かし方の確認方法は、

息を”ハー”と吐きながら左足を水平に上げます。

左足を水平に上げた時、腹斜筋もその動きに連動して動きます。

水平に上げる足は、必ず左足でなくても右足でもかまいません。

左右どちらかの足を水平に上げると、腹斜筋の動きが確認できます

 

まとめ

横隔膜発声のポイントは

”横隔膜を拡げる”

”腹斜筋を動かす事”

横隔膜を拡げる方法は胸郭を拡げる事

胸郭を拡げるには背中を拡げるトレーニングが効果的。

腹斜筋を動かす方法は

息を”ハー”と吐きながら左右どちらかの足を水平に上げると、

腹斜筋の動きの確認ができます。

 

 
 
Pocket
LINEで送る