Pocket
LINEで送る

声が生まれる仕組み

声は肺から排出された呼気(息)が

喉頭(喉)の中にある声帯を通過する時に、

声帯が振動します。

声は肺から排出された呼気(息)が声帯を振動させる事で

声の元となる”原音”が生まれます。

声の元となる”原音”は

その後、喉で振動し、

次に口腔で振動し、

そして唇や舌、顎の動き等が加わる事で、

声となって体外に排出されます。

以上が声が生まれる仕組みです。

 
 
Pocket
LINEで送る