Pocket
LINEで送る

喉に無駄な力を入れない

歌であれば低音から高音までブレずに良い歌声で歌え、

普段の話し声であれば良い声で良い話し方ができる喉の状態があります。

それは

”喉に無駄な力が入っていない状態”です

逆に喉に無駄な力が入ると、

声帯にストレスが掛かり、

声帯は自由に動けなくなり、

安定的に声帯を振動出来無くなります。

安定的に声帯を振動出来無くなれば、

当然、声は不安定になり、

歌であれば高音は出なくなり、

ロングトーンが続かなくなったりします。

また普段の話し声であれば、

しゃべるスピードが不安定になったり、

滑舌が悪くなったりします。

また喉に無駄な力が入ると、

喉が締め付けられ、喉の空洞が狭くなります。

そうなると声の響きが悪くなる原因になります。

声の響きが悪くなると、

歌であれば音程が下がり、フラット気味になります。

普段の話し声であればあれば暗い曇った声になってしまいます。

”喉に無駄な力が入っていない状態”で声を出せるようになれば、

こういった問題から解放されます。

”喉に無駄な力が入っていない状態”で声を出せるようになれば、

歌であれば低音から高音までブレずに通りの良い声で歌えるようになります。

また声の響きも良い状態ですので、音程が下がる心配もありません。

普段の話し声であれば、通りの良い明るく通りの良い声になり、話すスピードも安定し、

滑舌も良くなります。

では

”喉に無駄な力が入っていない状態”で

声を出せるようになるにはどうすれば良いのでしょうか?

それは

喉以外の部分を使って声を出すようにする事です。

喉だけの力で声を出しているから、

喉に無駄な力が入り、

それが原因で様々な声の問題が生まれているのです。

当教室では

喉以外の部分を使って声を出せるようになるボイストレーニングを行っています。

具体的には呼吸筋と共鳴筋をシッカリ使って声を出せるようになるボイストレーニングです。

呼吸筋と共鳴筋をシッカリ使って声を出せるようになれば、

あらゆる声の問題は解決されていきます。

 
 
Pocket
LINEで送る