Pocket
LINEで送る

呼気の排出量を増やす編

通る声になるには声帯の振動数を増やさないといけません。

声帯を振動させるのは肺から排出される息です。

肺から排出される息の量を増やすのが、

声帯の振動数を上げ、通る声になるポイントになります。

ではどのようにすれは肺から排出される息の量は増えるのでしょうか?

息の排出運動が起きるのは体の胴体下部からの筋肉の収縮運動から生まれます。

この胴体下部からの筋肉の収縮運動に重要な部分が腹斜筋です。

腹斜筋はおへその下の部分から肋骨の後ろについている広背筋まで、

斜めに伸びている筋肉です

この腹斜筋という部分を動かす(下腹をへこませる)とおヘソより上方向に圧力が掛かります。

おヘソより上方向に圧力が掛かると、肺が押し上げられます。

肺が押し上げられると、その分たくさん息が出ます。

息がたくさん出ると声帯の振動数が上がり、通る声になります。

ですので、肺から排出される息の量を増やすには、

腹斜筋の活用が重要になります。

 

目的でコースを選ぶ

ミュージカルや演劇の為に!
声楽コース(中学生、高校生)
声楽コース(大学生,院生,専門学生)
声楽コース(社会人)

カンツオーネやオペラアリアを歌いたい!
声楽コース(中学生、高校生)
声楽コース(大学生,院生,専門学生)
声楽コース(社会人)

カラオケで上手に歌いたい!
ボーカル・コース(全年齢対象)

バンドでボーカルをしているので
ボーカル・コース(全年齢対象)

声の老化防止、改善の為に
50代からのボイストレーニング

   
Pocket
LINEで送る