Pocket
LINEで送る

横隔膜の活用

 
 
“歌を上達させるには腹式呼吸で歌いなさい”

歌上達を目指している方は、こういった言葉をよく耳にされると思います。

しかし腹式呼吸とは、どんな呼吸方法なのか正しく理解されている方は少ないように思います。

腹式呼吸とは横隔膜を活用して、肺をより活発に動かす呼吸法です。

ですので本来は”腹式呼吸”ではなく”横隔膜呼吸”と呼ぶのが正しいです。

”腹式呼吸”という名称が様々な誤解を招いているのかもしれません。

 

横隔膜発声:横隔膜活用

横隔膜は肺の下にあり、

普段はドーム状に縮んでいます。

縮んだ状態では肺は活発に動きません。

肺を活発に動かすには、

横隔膜を拡げないといけません。

ただ横隔膜は初めは単独では動きません。

別の器官の動きを利用して横隔膜を拡げないといけません。

横隔膜を拡げる器官は胸郭です。

胸郭が拡がると、横隔膜も拡がります。

 

横隔膜発声:腹斜筋の活用

横隔膜を活用するには横隔膜を拡げる必要があります。

横隔膜を拡げる事が横隔膜を活用する第一歩です。

横隔膜を活用する第二歩は横隔膜を動かす事です。

横隔膜を拡げた状態では横隔膜は活発に動きません。

横隔膜を活発に動かすには腹斜筋の活用が必要です。

腹斜筋はオヘソの下から斜め上に伸びている筋肉です。

腹斜筋を動かすと横隔膜が活発に動き、

肺も活発に動き出します

 

横隔膜を鍛えるボイストレーニング

横隔膜は初めは単独では動きません。

別の器官の動きに連動して横隔膜も動きます。

横隔膜に影響を与える器官は胸郭です。

胸郭が動くと、横隔膜も連動して動きます。

胸郭のトレーニングでのポイントは背中です。

背中を拡げるトレーニングを行うと、

正しく胸郭は拡がり、

横隔膜も拡がります。

背中を拡げるトレーニングで一番簡単な方法は、

息を”ハー”と吐きながら両手を前に組んで、

両手を前に押し出すトレーニングです。

このトレーニングで背中の拡がりの自覚ができます。

また横隔膜のストレッチにもなりますので、

ボイストレーニングが初めての方は是非行って頂きたいトレーニングです。

 

腹斜筋を鍛えるボイストレーニング

腹斜筋はオヘソの下から斜め上に伸びている筋肉です。

腹斜筋が動くと横隔膜も動きます。

腹斜筋の動かし方の確認方法は、

息を”ハー”と吐きながら左足を水平に上げます。

左足を水平に上げた時、腹斜筋もその動きに連動して動きます。

水平に上げる足は、必ず左足でなくても右足でもかまいません。

左右どちらかの足を水平に上げると、腹斜筋の動きが確認できます

 

まとめ

横隔膜発声のポイントは

”横隔膜を拡げる”

”腹斜筋を動かす事”

横隔膜を拡げる方法は胸郭を拡げる事

胸郭を拡げるには背中を拡げるトレーニングが効果的。

腹斜筋を動かす方法は

息を”ハー”と吐きながら左右どちらかの足を水平に上げると、

腹斜筋の動きの確認ができます。

 
 

 
 
Pocket
LINEで送る