Pocket
LINEで送る

おはようございます♩

 

ボイストレーナー小谷泰久です☆

 

歌っている時、

 

 

”高音が出ずらいなー”

 

 

”息が続かないなー”

 

 

”喉で何か引っかかるなー”

 

 

このような症状が出ている時

 

 

喉で声を支えている可能性が高いです。

 

 

喉で声を支えると、

 

 

声を出す力が喉に集中し過ぎて、

 

 

声帯が自由に動けなくなり

 

 

息を吐く力もあまり働きません。

 

 

このような状態では思うように歌えなくて当然です。

 

 

声は喉ではなく、呼吸筋で支える事が理想です。

 

 

呼吸筋とは腹斜筋や横隔膜など

 

 

呼吸に関わる筋肉です。

 

 

呼吸筋で声を支えれるようになると

 

 

喉に無駄な力が入らなくなり

 

 

声帯が自由に動き

 

 

当然、息を吐く力も活発に動きます。

 

 

そうなれば

 

 

”高音が出ずらいなー”

 

 

”息が続かないなー”

 

 

”喉で何か引っかかるなー”

 

 

このような症状は改善されます

 
 
Pocket
LINEで送る