Pocket
LINEで送る

声帯関連編①声の生まれる仕組み

 

声帯とは

声帯とは二枚の肉片からなっていて、

息を吸っている時は二枚の肉片がVの字のように開いていて、

声を出している時は二枚の肉片が閉じています。
 
 

声が生まれる時①(声門閉鎖)

声を出している時、声帯は閉じられています。

声帯が閉じられた状態を声門閉鎖と呼びます

しかし閉じているだけでは声は生まれません。

閉じられた声帯を振動させる事で声が生まれます。
 
 

声が生まれる時②(声門振動)

ではどのようにして閉じられた声帯を振動させるのでしょうか。

それは呼気の流出がポイントです。

呼気とは肺から排出された息の事です。

肺から排出された呼気が閉じられた声帯を通過する際に、

閉じられた声帯が振動し、声が生まれるのです。

 
 
Pocket
LINEで送る