Pocket
LINEで送る

声帯の振動数を増やす発声練習(横隔膜の活用)

通る声になるには

声帯の振動数を増やす発声練習を沢山行う必要があります。

声帯の振動数を増やすポイントは

横隔膜の活用と声門閉鎖の強化です。

今回は横隔膜の活用の発声練習について

 

通る声における横隔膜に役割

声帯を振動させているのは肺から流出される呼気です。

呼気が声帯を通過した時に声帯が振動します。

ですので呼気の流出が多いと、その分、声帯は振動します。

呼気の流出を増やすには肺を活発に動かす必要があるのですが

横隔膜を活用すると肺は活発に動きます。

なぜなら肺は横隔膜の上にあるからです。

 

横隔膜を活用する発声練習

横隔膜を活用するにはまず、背中を拡げる必要があります。

背中を拡げると、横隔膜が動きやすくなります。

次に腹斜筋を動かします。

腹斜筋を使うと、横隔膜が動きます。

横隔膜を活用するには背中を拡げる発声練習、

腹斜筋を動かす発声練習をたくさん行う必要があります☆

——————————————————————-

レッスン料金の詳細は下記をクリックして下さい    
                ↓
http://voitoreyktn.com/ressunnrixyoukin/
 
 
 
ボイストレーナーはどんな人?
私の詳しいプロフィールは下記をクリックして下さい
                ↓
http://voitoreyktn.com/kousisixyoukai/
 
 
 
レッスン会場について
詳しくは下記をクリックして下さい
                ↓
http://voitoreyktn.com/kixyousituakusesu/
 
 
 
生徒様の声
詳しくは下記をクリックして下さい 
                ↓
http://voitoreyktn.com/zixyukouseisamanokoe/
 
 
 
レッスン風景
詳しくは下記をクリックして下さい 
                ↓
http://voitoreyktn.com/ressunnviw/
 
 
 
お問い合わせ
電話 
050-3630-1580
 
メールでのお問い合わせは
下記をクリックしてご覧ください 

                ↓
http://form1.fc2.com/form/?id=806403

 

Pocket
LINEで送る