声門閉鎖とは

声門閉鎖とは声帯を閉じた状態の事を言います。
声帯は喉頭の中にある左右に開閉するヒダで、息を吸っている時はVの字のように開き、声を出している時は閉じていて、この声帯を閉じている状態を声門閉鎖と呼びます。
声門閉鎖が弱いと声がかすれるなど弱々しい声になり、逆に声門閉鎖が強いと非常に力強い声になります。

声帯伸展とは?(輪状甲状筋)

声帯伸展とは声帯の下にある輪状甲状筋の働きにより、声帯が引き伸ばされた(伸展)状態で、裏声を出したときに輪状甲状筋は伸展します。

声門閉鎖のコツ(自覚トレーニング)

声帯が閉じた感覚が分からない場合、「あー」と声を出しながら息を止めます。
息を止めている時、声帯は完全に閉じていますので、この練習を繰り返す事で声帯が閉じた感覚を理解できるようになります。

またボーカルフライ(エッジボイス)の練習も効果的で、ボーカルフライ(エッジボイス)での極低音域で声帯をブツブツと振動させた声、イメージとしては「あ”あ”あ”あ”あ”」と映画「呪怨」のような声で練習をします。
この声を低音域で出す練習を沢山すると声帯を閉じた状態の感覚が理解できます。

 

 

 

体験レッスン受付中

対面レッスン、オンラインレッスンどちらも対応しています。

 

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る