声は喉頭の中にある声帯が内喉頭筋の働きで閉じられ、肺から排出された呼気により振動し声になります。
しかし、声を出す時に喉頭が、どの位置にあるかで声の出しやすさが決まります。
例えば高音を出す時に喉を締めしまい、思うような高音が出ないという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

喉を締めて高音を出している時、喉頭は斜め前上に上がっています。
この時、喉頭内部でどのような事が起きているかの説明の前に、声を出す以外で喉頭が斜め前上に上がっている状態は食事などで物を飲み込もうとしている時です。
試しに唾をゴックンと飲み込んで頂けると確認できるのですが、物を飲み込むとき喉頭は斜め前上に上がります。
この時の声帯の状態ですが、まず声帯は完全に閉じられます。
完全に閉じてしまう理由は単純で、声帯は気管の上にあるので飲み込んだ物が気管に入らないように完全に声帯を閉じるのです。

「声帯を閉じる」と聞くと問題ないでは?と感じられるかもしれませんが、声帯が完全に閉じてしまうと声帯の中央の隙間が完全に無くなり、肺から排出された呼気が通れず、声帯があまり振動しない状態になり、結果出された声は平べったく詰まったような声になります。
またこれ以外にも、物を飲み込もうと喉頭を上に上げると喉頭蓋という部位が動き、気管に蓋をします。
これも飲み込んだ物を気管に入らないようにするためなのですが、気管に蓋をしてしまうと、声帯も蓋をすることになりますので、声帯の振動が口腔内に伝わりにくい状態になり、いわゆる「こもった声」の原因になってしまいます。

このように、内喉頭筋の動きだけでなく、声を出す時の喉頭の位置は非常に大切です。
喉頭は4方向に引っ張られているのですが、喉頭の位置を安定させるためには、まずは呼吸筋を鍛え、喉頭が偏った方向に引っ張られないようにします。
そして喉頭を引っ張る4方向の筋肉である外喉頭筋を鍛えます。

アンザッツ練習の目的は内喉頭筋を鍛えつつ、喉頭の外側の筋肉であり外喉頭筋を鍛え、声を出す時の喉頭の位置を常に声を出しやすい位置になりようにします。
また外喉頭筋の働きは喉頭の位置の安定だけではなく、内喉頭筋の動きににも良い影響を与えます。
例えば口蓋喉頭筋は輪状甲状筋の働きをよくしますし、輪状喉頭筋は声帯を最大限に引き伸ばすので非常に重要な筋肉です。

以下は私がこれまで練習で感じた各アンザッツのポイントの解説になりますので、ご参照下さい。

アンザッツ1

動く筋肉:甲状舌根筋
喉頭が引っ張られる方向:斜め前
振動を感じる位置:上前歯
声の特徴:平べったい声 バカ殿

アンザッツ2

動く筋肉:胸骨甲状筋
喉頭が引っ張られる方向:下
振動を感じる位置:鎖骨のV(中央)
声の特徴:張りと深みのある声 アナウンサーやラジオのDJ、舞台俳優

アンザッツ3a

動く筋肉:声帯筋の緊張による声門閉鎖
喉頭が引っ張られる方向:中位置
振動を感じる位置:鼻の付け根
特徴:ハミング練習がおススメ 鼻声に注意

アンザッツ3b

動く筋肉:声帯緑辺部の活動が起こり完全な声門閉鎖が行われる
喉頭が引っ張られる方向:中位置
振動を感じる位置:硬口蓋
特徴:ハミング練習がおススメ 上唇を上に上げると当てやすい

アンザッツ4

動く筋肉:口蓋喉頭筋と輪状甲状筋、胸骨甲状筋
喉頭が引っ張られる方向:斜め後ろと下
振動を感じる位置:軟口蓋
声の特徴:強い裏声 ヘッドボイス 純粋な頭声 軟口蓋の引き上がりを感じる ミッキーマウス

アンザッツ5

動く筋肉:甲状舌根筋と輪状甲状筋
喉頭が引っ張られる方向:斜め前
振動を感じる位置:額
声の特徴:ファルセット 弱い裏声

アンザッツ6

動く筋肉:輪状喉頭筋と輪状甲状筋
喉頭が引っ張られる方向:後ろ
振動を感じる位置:うなじ、首の後ろ
声の特徴:声帯が最大限に伸展し、強力な声を生み出す ミクスボイス チェンジされた声

 

以上がアンザッツの解説になります。

アンザッツ練習の目的は声を出す時の喉頭の位置を安定させ、眠っている外喉頭筋の発声機能を目覚めさせ、

声をより充実させていく事です。

アンザッツの練習は一方向へ喉頭を引っ張る練習だけでなく、4方向へ喉頭を引っ張るアンザッツ練習をバランスよく行うべきです。

ただし個人的な感想として、ご自身の声に悩まれている方の多くが喉を締めて声を出されています。

いわゆる”喉閉め声”の原因は甲状舌根筋の力だけで声を出そうとされているからです。

となると”喉閉め声”の方は甲状舌根筋を使うアンザッツ1の練習は少な目に行ったほうが良いでしょう。

同じく甲状舌根筋を使うアンザッツ5の練習も控えたほうが良いと個人的に思います。

このように現在のご自身の声の状態や、目指されている声など目的に合わせて、偏ったアンザッツ練習ではなく、

4方向へ喉頭を引っ張るアンザッツ練習をバランスよく行う事が重要です。

 

 

体験レッスン受付中

対面レッスン、オンラインレッスンどちらも対応しています。

 

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る