おはようございます。
ボイストレーナー小谷です。
先日のレッスンである生徒さんの丹田の動きを修正しました。
丹田を正しく動かすと丹田は上はめくり上がり、お尻は内側に捲られます。
その生徒さんの丹田の動きを確認すると、丹田は意識出来ているんですが、お尻が外側に動いて出尻状態でした。
丹田を動かそうとする時にお尻が外側に動いてしまうと丹田の動きが不十分になります。
何より出尻になると丹田を動かしているつもりが、お尻しか動いていない状態になります。
正しく丹田を動かす上でのお尻の動きは、あくまで丹田に引っ張られて動いている状態です。
私の感覚では、
“丹田を動かすと結果的にお尻にも力の動きを感じる”
出尻になってしまうと、このような感覚にはならないと思います。
今回の生徒さんはも丹田の動きを修正すると声が出しやすくなったそうです。
丹田→お尻
上記の順番で力の動きを感じている事が大切です。
 

体験レッスン受付中

詳しくはこちら

Pocket
LINEで送る