おはようございます。
ボイストレーナー小谷です。
先日のレッスンで、ある生徒さんとピアニストとヴォーカリストの違いについてお話をしました。
ピアノやギターなどは人の体から離れているものを楽器として演奏します。
しかし歌は自らの体を楽器とします。
またピアノやギター等の奏者は楽器の保管やメンテナンスはするかと思いますが、自ら演奏する楽器を1から作ったり鍛えたりしないと思います。
しかし歌は自ら演奏する楽器を1から作ったり鍛えないといけません。
なぜなら人の体は歌う事以外にも使いますから、楽器として機能する形作りが必要になります。
また歌うという行為は筋肉の動きで実現されていますので、より歌声を充実してさせるには鍛えるという行為も必要になってきます。
ヴォーカリストはヴォーカルテクニックだけでなく、楽器を作り鍛えるという作業も必要になるのです。

体験レッスン受付中

詳しくはこちら

Pocket
LINEで送る