おはようございます。
ボイストレーナー小谷です。
先日のレッスンである生徒さんから、
「腹筋した方が良いですか?」
というご質問がありました。
私はその生徒さんに、
「腹斜筋は鍛えた方が良いですよ」
とお答えしました。
腹筋と聞くと鳩尾辺りの腹筋を連想される方が多いかもしれません。
また多くの方のイメージとして、お腹から声を出すのは鳩尾辺りの腹筋に力を入れて声を出すものとイメージされている方も多いように感じます。
鳩尾辺りの腹筋は腹直筋といいます。
腹直筋に力を入れると息が止まってしまいます。
声は肺から出る息で声帯を振動させて生まれますので、息が止まってしまうと声が出なくなります。
ですので腹直筋をいくら鍛えても声は良くなりませんし、歌も上達しません。
声を良くしたり歌を上達させるのは腹斜筋です。
腹斜筋も腹筋の1つですが肋骨から骨盤にかけて斜め方向に位置する筋肉です。
腹斜筋は呼吸筋とも呼ばれ、特に息を吐く時、肺を押し上げ肺からの息の排出量を促進します。
腹斜筋の動きが活発になると息の排出量も増え、声帯の振動数も増え声も豊かになります。
また腹斜筋に関して日本人はあまり発達していない筋肉なので意識的に鍛えた方が良い筋肉でもあります。
 

体験レッスン受付中

Pocket
LINEで送る