声が響かない原因でよくあるのが、声を出す時に喉頭蓋という部分が動いている事です。

喉頭蓋とは声帯の上に位置する部分で、これがある状態になると声帯に蓋をする様に動きます。

声を出す時に声帯の上を蓋すると当然、声が響かなくなります。

ではどの様な状態になると喉頭蓋が動くのかというと、

“喉頭が上がり過ぎている時”

喉頭が上がり過ぎていると喉頭蓋が動き、声の響きが悪くなります。

別の言い方をすると喉頭が上がり過ぎていなければ喉頭蓋は動きませんので、喉頭が上がり過ぎなるボイストレーニングが重要になってきます。

オススメのボイストレーニングは丹田のボイストレーニングとハミングのボイストレーニングです。

ご興味のある方はお試し下さい。

本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ボイストレーナー小谷

 

体験レッスン受付中
詳しくはこちら

Pocket
LINEで送る