裏声を出される時に喉仏が上がり過ぎている方がいらっしゃいます。

喉仏が上がり過ぎると裏声を出すために必要な輪状甲状筋が動きにくくなりますので要注意です。

特に裏声の1つであるヘッドボイスを出す時は輪状甲状筋をしっかり使わないといけないので、ヘッドボイスの時の喉仏の位置は非常に重要になります。

ヘッドボイスの時の理想の喉仏の位置は上がり過ぎず下がり過ぎていない位置。

参考になるのが深呼吸の時の喉仏の位置です。

深呼吸の時の喉仏の位置でどの高さの音もヘッドボイスで出せるようになると、ヘッドボイスをマスターしたといえるでしょう。

本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ボイストレーナー小谷

 

体験レッスン受付中
詳しくはこちら

Pocket
LINEで送る