歌で丹田を使うメリットについて今回は5つ述べていきたいと思います

歌で丹田を使うメリット①声が枯れにくくなる

喉だけで声を出そうとすると声を出す力が喉に集中し過ぎて直ぐに声が枯れてしまいます。
丹田を使う事で声を出す力が丹田へ分散されますので声が枯れにくくなります。

歌で丹田を使うメリット②喉頭が上がりにくくなって高音が出しやすくなる

高音を出す時、喉頭が下顎方向へ上がり過ぎると声帯に力が入り過ぎてしまい高音が出にくくなります。
高音を出す時、喉頭が下顎方向へ上がり過ぎる原因は喉だけの力で高音を出そうとしているから。
丹田を使う事で高音を出す時の力が丹田へ分散され、喉頭の位置が安定し高音が出しやすくなります。

歌で丹田を使うメリット③声帯の振動数が上がって声量が上がる

声は閉じられた声帯に肺から排出された息が通過し、振動して生まれます。
肺から排出された息の量が少ないと弱弱しい声になってしまいますが、丹田を使うと肺を押し上げますので、たくさん肺から息が出るようになり声帯の振動数も上がり声量も上がります。

歌で丹田を使うメリット④声量のコントロールが可能になる

丹田を使って歌う事に慣れてくると、丹田に強く力を入れると声量が上がり、丹田にある程度力を入れると、ある程度の声量にといったように丹田に入れる力の度合いで声量が変化してきますので丹田を使う事で声量のコントロールが可能になります。

歌で丹田を使うメリット⑤声が安定する

丹田を鍛えると普段の呼吸が安定します。
呼吸は声の土台ですので呼吸が安定すれば声も必然的に安定します。
以上です。

本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ボイストレーナー小谷

Pocket
LINEで送る