高音が安定しない方に多いのが喉頭が上がり過ぎている事です。

喉頭とはいわゆる「喉仏」の事で、高音を出す時に喉頭が特に下顎方向に上がり過ぎると、声帯に力が入り過ぎて高音が出にくくなります。

また喉頭が下顎方向に上がり過ぎると喉頭蓋が声帯の上を蓋するような動きをして声の響きが悪くなります。

このように声を出す時の喉頭の位置は非常に重要になります。

高音を安定させるには、まずは喉頭が上がり過ぎないようにボイトレする事です。

喉頭が上がり過ぎず、高音を安定させるボイトレでおススメなのが丹田を意識したボイストレーニングです。

高音を出す時に喉頭が上がり過ぎる原因で多いのが喉だけで高音を出そうとしている事です。
丹田を使って高音を出そうとすると、高音を出す時に声を出す力が喉だけでなく丹田へ分散されるので喉頭の位置が安定し高音も安定します。

そしてもう一つおすすめなのがハミングです。
ハミングのボイストレーニングをすると響きのポジションを上げるので喉頭の位置が安定します。

今回は以上です。

本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ボイストレーナー小谷

Pocket
LINEで送る