当ボイストレーニング教室に通われて方の理由は様々で、最近、特に多い理由として通る声になりたい!という理由で当ボイストレーニング教室に通われている方も沢山いらっしゃいます。
通る声になるには
呼吸筋
共鳴筋
声帯筋
これら3つが重要になってきます。
このなかで今回は声帯筋についてお話します。

声が生まれる仕組み

まずは声が生まれる仕組みから。
声が生まれる仕組みを簡単に説明すると声は閉じられた声帯に肺から排出された呼気が通る事で生まれます。
閉じられた声帯に肺から排出された呼気が通ると、閉じられた声帯が振動し、声の元となる原音が生まれます。
この原音が喉、口、鼻腔などで振動し、声となります。
以上が簡単に説明した声が生まれる仕組みです。

通る声になるポイント

これらを踏まえて、通る声における声帯筋の関連について、声は声帯が閉じた状態で生まれると説明しました。
ポイントは声帯が、どのような状態で閉じているかです。
声帯が緩んだ状態で閉じると、声帯は、しっかり振動しません。
声帯を、しっかり振動させるには、・声帯を、しっぱりピーンと伸ばさないといけません。

声帯をピーンと伸ばす必要性

輪ゴムを想像して下さい。輪ゴムが緩んだ状態で弾いても、輪ゴムはあまり振動しません。
しかし輪ゴムをピーンと伸ばした状態で、輪ゴムを弾くと、輪ゴムはしっかり振動します。
これは声帯も同じです。
帯をしっかり振動させるには、声帯を、しっかりピーンと伸ばさないといけません。

声帯を閉じる力の強化(声門閉鎖)

そして、もうひとつ重要な事があります。
それは声帯を閉じる力の強化です。
声帯をしっかり振動させるには、声帯を、しっかりピーンと伸ばさないと説明しましたが、声帯を、しっかりピーンと伸ばしていても、声帯を閉じる力が弱いと、
声帯に隙間が出来てしまい、かすれた様な声になってしまいます。
せっかく声帯をピーンと張っていても、これでは効果が発揮できません。
通る声になるには、声帯を閉じる力の強化も必要なのです。

今回のまとめ

通る声になる為には呼吸筋と共鳴筋、声帯筋が重要
声帯筋に関しては声帯をしっかり伸ばす事、声帯をしっかり閉じる事この2つが重要です。
そして忘れていけないのが呼吸筋、共鳴筋、声帯筋、それぞれが役割を果たし、それぞれが連携、連動しながら活発に動いている時、通る声となります。
ですので、どれか一つだけ活発に動いていてもダメなのです。
今回は声帯筋についての説明でしたが、通る声になるボイストレーニングで重要な事は呼吸筋、共鳴筋、声帯筋をバランス良く鍛え、通る声における呼吸筋、共鳴筋、声帯筋の、関わりをしっかり理解する事が、非常に重要なのです。

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせができます

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る