今回は合理的な発声法というお話です。

練習効率を上げる方法

私が生徒さんに練習効率を上げる方法でおススメしているのが、”自分の声を録音する事”です。
自分の声を録音すると自分の声を客観的に聴くことができるので、歌っているときは気付かなかった事に気づくことが出来ます。
例えば発音
子音が抜けて母音しか聞こえていないとかあとは音程が下がっているとか、最初は恥ずかしいかもしれませんが、練習効率を上げたい方は是非お試し下さい。

合理的な発声法

”先生の発声法は合理的ですね!”昨日ある生徒さんに言われました。
私の発声法は声を出すうえで重要な部分を理解して、強化し、そして実践へ結びつける発声法です。
故に一つ一つの発声練習にも理由があります。
例えば腹斜筋(丹田)を意識した発声練習については、声は閉じた声帯を振動させることで生まれます。
声帯を振動させるのは肺から排出される息です。
腹斜筋(丹田)が強化されると腹斜筋(丹田)より上方向に力の向きが生まれ、その力で肺が押し上げられ、息がシッカリ排出されます。
息がシッカリ排出されれば声帯はシッカリ振動し声もシッカリしか声になります。
個人的には、ただただ声を出す練習は意味が無いと考えています。
歌の練習は他の楽器と比べ長時間の練習は難しいです。
声帯は繊細な器官ですので、長時間練習してしまうと、かえって悪影響が出ます。
ですので歌の練習は内容を濃くし、短時間で済ませることが理想です。
歌の練習の内容を濃くするには一つ一つの練習に意味を持たせる必要があります。
私のボイストレーニングはこのような考えを元に考案し構成しています。

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせができます

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る