声が枯れる原因には、過度な発声、正しくない発声法、喉の乾燥、疲労、ストレスなどがあります。

ボイストレーニングを行う際に声が枯れないようにするためには、適切な練習方法とケアが必要です。

声が枯れる原因と対策についてのボイストレーニングのアプローチは、正しい発声方法を習得し、声帯の健康を保つことが重要です。

以下に、声が枯れる原因とそれを防ぐためのボイストレーニング方法を紹介します。

 

声が枯れる原因

①過度な発声

長時間大声を出したり、無理な高音を出そうとすることが原因となります。

②不適切な発声方法

喉に負担がかかる発声方法は、声帯にダメージを与えやすいです。

③乾燥

声帯が乾燥すると、声がかれやすくなります。

④休息不足

声帯の過労により、声がかれることがあります。

⑤健康状態

風邪やアレルギーなどで喉の状態が悪いと声がかれやすいです。

 

声が枯れないためのボイストレーニング方法

①ウォームアップとクールダウン

ウォームアップ

発声前に必ずウォームアップを行い、声帯や周辺の筋肉をほぐし、発声に必要な筋肉を準備します。

ハミング、軽いスケール練習を行います。

クールダウン

発声練習後には、声帯をリラックスさせるためにクールダウンを行います。

軽いハミングや優しいストレッチを取り入れます。

 

②適切な発声法(腹式呼吸)

腹式呼吸を意識して行います。

腹式呼吸を身につけることで、声帯への負担を減らすことができます。

腹筋を使って息を吐き、リラックスした状態で声を出します。

息を深く吸い込み、お腹を使って声を支えることで、喉への負担が減ります。

また腹式呼吸を身につけるとが喉の開放され喉の締め付けが無くなり自然なポジションで声を出せれるようになります。

特に高音を出す際には、喉を開いた状態を保つ事が重要です。

 

③正しい発音と姿勢

口の開け方や舌の位置に注意して、正しい発音を心がけます。

姿勢も重要で、背筋を伸ばし、リラックスした状態で発声します。

 

④適度な練習量

練習時間を適度に設定し、長時間の発声を避けます。声が疲れたと感じたら、すぐに休息を取ります。

無理をせず、徐々に音域や音量を広げる練習を行います。

 

⑤リカバリー発声練習

リラックスした喉

喉に力を入れず、リラックスした状態で発声します。

無理に高音を出そうとしないようにしましょう。

 

ハミング

口を閉じたままハミングすることで、喉の負担を軽減しながら発声を練習します。
柔らかい発音の練習: 「エ」や「ア」などの母音を使った柔らかい発音の練習を行い、喉の負担を減らします。

 

⑥適切な休息とケア

適切な休息をとり、声帯を回復させます。特に、長時間の発声後は声を使わない時間を設け、喉を休めることが大切です。

水分補給
喉の乾燥を防ぎ声帯を潤すために、、こまめに水を飲みます。

特に温かい飲み物(温水やハーブティーなど)は喉を保湿するのに役立ちます。

またカフェインやアルコールは喉を乾燥させるので、避けるか控えめにします。

 

⑦ボイストレーナーの指導

専門のボイストレーナーの指導を受けることで、正しい発声方法を身につけ、声帯に負担をかけない発声を学びます。

 

 

声が枯れた場合の対策

休息

声を使うのを控え、声帯を休めます。話す必要がある場合は、できるだけ静かに話します。

水分補給

十分な水分を摂取し、喉を潤します。温かい飲み物や喉に優しいハーブティーなどを飲むと良いでしょう。

加湿

部屋の湿度を保ちます。加湿器を使って適度な湿度を保つことが、喉の乾燥を防ぎます。

声帯をリラックスさせる

スチーム吸入(お湯を使った蒸気吸入)を行うと、声帯がリラックスします。これにより、回復が早まります。

 

専門家の診断

風邪や喉の痛みがある場合は、無理をせずに声を休めることが重要です。

また声が長期間枯れている場合や改善しない場合は、耳鼻咽喉科の専門医に相談することをお勧めします。

これらの方法を実践することで、声が枯れることを防ぎ、健康な声帯を保つことができるでしょう。

ボイトレを行う際には、無理をせず、声帯の健康を第一に考えた練習を心がけてください。

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせができます

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る