声量をアップさせるためのトレーニングには、正しい発声方法や呼吸法、筋力トレーニングが重要です。

以下に、具体的なトレーニング方法を紹介します。

声量アップのボイトレ1. 腹式呼吸の強化

声量を増やすためには、腹式呼吸が基本です。腹筋を使って息をしっかりとコントロールしましょう。

練習方法
仰向けに寝て、手をお腹に置きます。

鼻からゆっくり息を吸い、お腹が膨らむのを感じます。

口からゆっくり息を吐き、お腹が引っ込むのを感じます。

これを繰り返し、立った状態や座った状態でも行います。

声量アップのボイトレ2. 呼吸筋のトレーニング

呼吸筋(横隔膜や肋間筋)を鍛えることで、強力な息を長時間維持できるようになります。

長く息を吐く練習:息を吸って、できるだけ長く「スー」と息を吐き続けます。

ブレスコントロール:紙や羽を息で浮かせる練習をします。

声量アップのボイトレ3. 発声練習

正しい発声方法を身につけることで、喉に負担をかけずに大きな声を出すことができます。

声を遠くに届けるイメージ: 声を遠くに届けるイメージを持ち、力を入れすぎずに自然に声を出します。

ハミング:鼻歌で「んー」と音を出し、口や鼻の前方に響く感覚を意識します。

母音発声練習:腹式呼吸を意識しながら「あ、え、い、う、え、お、あ、お」と発声します。

声量アップのボイトレ4. 共鳴の活用

声を大きく響かせるためには、共鳴を効果的に利用することが重要です。

顔の前方に響かせる:声を出すときに、口や鼻の前方に響かせるイメージを持ちます。

あくびの感覚:あくびをするような感じで喉を開き、声を響かせます。

共鳴練習:大きな声で「あー」と発声し、胸や頭に響きを感じるようにします。

声量アップのボイトレ5. 体力トレーニング

体力を向上させることで、持久力がつき、声量の持続が可能になります。

有酸素運動:ウォーキングやジョギング、サイクリングなどを定期的に行います。

筋力トレーニング:腹筋や背筋、体幹を鍛えるエクササイズを行います。

声量アップのボイトレ6. 発声トレーニングの具体例

ロングトーン練習
腹式呼吸を使って「アー」という音をできるだけ長く、一定の音量で持続させます。

毎回少しずつ持続時間を伸ばしていきます。

スケール練習
ドレミファソラシドの音階を発声し、声を前方に出す感覚を掴みます。

低音から高音まで滑らかに声を出すようにします。

強弱の練習
「アー」という音を小さな声から始め、徐々に大きな声にしていきます。

逆に、大きな声から始めて徐々に小さな声にする練習も行います。

声量アップのボイトレ7. 継続的な練習

声量をアップさせるためには、継続的な練習が欠かせません。

毎日少しずつでもトレーニングを続けることが重要です。

 

これらのトレーニングを日常的に取り入れることで、声量を増やし、強く安定した声を出せるようになります。

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせができます

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る