歌で声量を上げるためには、正しい発声法や呼吸法、筋力トレーニングが必要です。

以下に、声量を増やすための具体的な練習方法を紹介します。

声量を上げるための基本練習

正しい姿勢
背筋を伸ばし、肩の力を抜いてリラックスした姿勢を保ちます。
自然な立ち姿勢を意識し、声がスムーズに出るようにします。

腹式呼吸
深くゆっくりと息を吸い、腹部が膨らむようにします。
息を吐くときには腹部を引っ込め、息を一定に保ちながら音を出します。

声の共鳴を活用する
喉や口の形を調整して、声の共鳴を意識します。
鼻腔や口腔の共鳴を最大限に活かし、より力強い声を出すように練習します。

声量を増やすための具体的なボイトレ

ディアフラムトレーニング
お腹を使った発声を意識し、ディアフラム(横隔膜)の筋力を鍛える練習です。
短い音を強く出す「ハッハッハッ」という練習を繰り返します。

ロングトーン
息を一定に保ちながら、安定した音を長く出す練習です。
母音「アー」、「エー」、「イー」、「オー」、「ウー」を使って、各音を5秒以上持続させます。
できるだけ遠くへ声を飛ばす事も意識します。

音階練習
音階を上がり下がりしながら、各音を強く出す練習を行います。
各音階で一定の音量を保ち、強弱をつける練習も取り入れます。

声量を上げるための注意点

無理をしない
声帯に負担をかけないように、無理に大きな声を出さないようにします。
痛みや違和感を感じたらすぐに休みましょう。

リラックス
声を出す際には、喉や肩の力を抜いてリラックスすることが大切です。

水分補給
十分な水分を取り、声帯を乾燥させないようにします。

継続的な練習
声量を増やすためには、毎日の継続的な練習が重要です。

短時間でも良いので、日々の練習を続けることで、徐々に声量が増えていくことを実感できるでしょう。

専門のボイストレーナーに相談することもおすすめです。

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせができます

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る