ミュージカルと声楽レッスン

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

最近、

 

”ミュージカル歌手になりたいので”

 

という理由で当教室に通われる方が増えてきました。

 

ミュージカルは長時間歌いますので、正しい発声で歌わないと、喉がもちません。

 

また様々な動きの中で歌わないといけませんし、豊かな表現で歌わないといけませんので、

 

正しい発声方法を身に着けておかないと、

 

喉が持ちませんし、歌唱のクオリティを保つ事も難しいです。

最近のミュージカル界の流れ

以前までのミュージカルは芝居とダンスが出来ていれば歌は正直、多少下手も大丈夫であったように思います。

 

しかし最近のミュージカル業界の傾向として、

 

ミュージカル曲だけのコンサートやテレビ番組が増えていて、歌に高い注目が集まっているように思います。

 

こういった状況の中、大手劇団は音大や芸大の声楽科出身者を多く採りはじめているようです。

 

このことが何を意味しているのかというと、

 

今後ミュージカル歌手は発声法や歌唱力は勿論の事、高い音楽の基礎能力も求められるという事です。

 

音大生や芸大生は大学で4年間正しい発声方法や音楽の基礎能力を鍛えられています(厳密には音大や芸大の受験でかなり声楽のレッスンや音楽の基礎の勉強をしていますので、学んでいる期間は4年以上です)。

 

もし、あなたが本気でミュージカル歌手になろうと考えているのであれば、発声法の習得は当然の事、音楽の基礎を学ぶ必要があります。

 

ちなみに宝塚音楽学校では声楽のレッスンや音楽の基礎を学ぶ授業があるそうです。

 

それは、宝塚音楽学校は昔からミュージカルで歌う上で声楽のレッスンや音楽の基礎が重要であると考えていたからだと思います。

 

ミュージカル歌手になるために必要な事

 

 

今後ミュージカル歌手になるためには、

 

・発声技術

・音楽の基礎能力

・歌唱力

 

上記3つが必要になってきます。

 

ミュージカルに必要な発声方法とは?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

 

ミュージカルはダンスや演技も行い、

 

そして長時間、高いクオリティで歌わなければいけない総合エンターテイメントです。

 

そこで気になる事が

 

途中で声が出なくなるのでは・・・

 

という事ではないでしようか。

 

ミュージカルの上演時間はおよそ2時間から3時間半ほどあります。

 

かなりの長時間でですよね。

 

途中で声が出なくなってしまうと、

 

ダンスには問題無いかもしれませんが、

 

歌や演技に問題が出てきます。

 

ミュージカルを歌う上で重要な事は

 

ミュージカルを歌という事は長時間、高いクオリティで歌い続けないといけない事が前提となります。

 

長時間、高いクオリティで歌うためには、

 

喉の負担が少ない発声方法で歌う必要があります。

 

ミュージカルに必要な発声方法のポイント

 

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

 

長時間、歌っても声の負担が少ない発声方法のポイントは

 

喉以外の部分もシッカリ使って歌う事です。

 

喉以外の部分を使って歌う事で喉の負担が減り、長時間、歌う事に耐える事が可能になります。

 

では喉以外のどこを使って歌えば良いのでしょうか?

 

それは

 

丹田、横隔膜、共鳴ポイントの3つ

 

上記の3つのポイントを使う発声方法が長時間歌ってもクオリティを下げずに歌い切る事が可能になります。

 

ミュージカル発声法のレッスン

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

ミュージカルの発声方法を習得して頂くために当教室では、

 

特に最初はクラシックの曲をレッスンしています。

 

なぜクラシックの曲のレッスンを行っているのかというと、

 

クラシックの曲を練習すると喉の負担が少ない発声が習得できるからです。

 

なぜ習得できるのかというと、

 

クラシックの曲はマイクを使わず会場に歌声を響き渡るように歌う事が前提になります。

 

マイクを使わずに喉の力だけで会場に歌声を響き渡るように歌ってしまうと、

 

声がすぐに出なくなったり高音も出なかったりと、

 

クオリティが下がってしまいます。

 

クラシックの曲を歌う時は喉だけなく、丹田、横隔膜、共鳴を使う喉に負担が少ない発声方法で歌わなければいけません。

 

ですのでクラシックの曲を練習するという事は

 

丹田、横隔膜、共鳴を使う喉に負担が少ない発声方法を習得するために、非常に効果的な練習と言えます。

 

音楽の基礎能力を鍛える(ソルフェージュ)

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

クラシックの曲を練習するとなると、おのずと楽譜を読まなければいけません。

 

ミュージカルを歌う時も楽譜を読む事が多いと思います。

 

今後ミュージカル曲を歌っていく上で楽譜を読むという事ことは必ず必要な能力になってきます。

 

何事においても能力を高めるには基礎が必要です。

 

クラシックの曲はミュージカル曲に比べて非常にシンプルですので、

 

いきなりミュージカル曲の楽譜を読むより、クラシックの曲の楽譜の方が読みやすいので、

 

音楽の基礎を鍛えるには非常に適したテキストのように感じます。

 

またミュージカルは元をたどっていくとクラッシックにたどり着くので、

 

ミュージカルのルーツを知る事ができて感性も深まり、

 

より深く豊かな表現でミュージカル曲を歌えるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、定員いっぱいの為、生徒募集を一旦停止させて頂いています。

 

生徒募集停止に伴い体験レッスンの受付も一旦停止させて頂いています。

たくさんのお問い合わせ、ありがとうございました。

空きができ次第、当HP上でお知らせ致します。

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

 

 

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

 

Pocket
LINEで送る